小学校説明的文章の学習指導課程をつくる―楽しく、力のつく学習活動の開発

個数:

小学校説明的文章の学習指導課程をつくる―楽しく、力のつく学習活動の開発

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2018年02月18日 14時35分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 183p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784186273038
  • NDC分類 375.82
  • Cコード C3037

目次

1 論理的に考え、表現する力を育てる―形式的、画一的な説明的文章の学習指導過程からの脱却
2 楽しく、力のつく学習活動を見出す―「教材の特性に応じた多様な学習活動を設定するための要素構造図」をもとに
3 楽しく、力のつく学習活動を取り入れた授業の実際(一年「じどう車くらべ」(光村)―文章との距離を縮める活動を位置づけた授業
二年「ビーバーの大工事」(東書)―表現のイメージ性に着目しながら題名の意味を具体的に追求していく授業
三年「くらしと絵文字」(教出)―抽象と具象を結ぶ読みを促す授業
四年「体を守る仕組み」(光村)―述べ方の順序性に着目し、段落相互の関係を読む授業
五年「大陸は動く」(光村)―筆者・読者・文中人物に着目した授業
六年「二十一世紀に生きる君たちへ」(大書)―総合的なものの見方や考え方を育てる授業)
4 説明的文章の学習指導過程の実態はどうなっているか
5 学習指導過程の改善に向けて

著者等紹介

吉川芳則[キッカワヨシノリ]
1960年兵庫県生まれ。神戸大学教育学部初等教育科卒業。兵庫県社町立三草小学校に4年間勤めた後、兵庫教育大学学校教育学部附属小学校に移り、現在に至る。その間、兵庫教育大学大学院修士課程言語系コース(国語)修了(1997年)。全国大学国語教育学会、日本国語教育学会、国語教育探究の会、国語教育研究会「凱風会」等、会員。兵庫教育大学非常勤講師
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。