学級教育の改革シリーズ<br> キャリア教育がなぜ必要か―フリーター・ニート問題解決への手がかり

個数:
  • ポイントキャンペーン

学級教育の改革シリーズ
キャリア教育がなぜ必要か―フリーター・ニート問題解決への手がかり

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 113p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784182387159
  • NDC分類 375.6
  • Cコード C3337

目次

「逆算」の発想が必要
子どもの世界で進む二極化現象
「稼ぐ」スピリットを育てるインターンシップ
小学校からのキャリア教育の必要性
キャリア教育に有効な教科内容
ユニークな小学生の職場体験
高校生にもキャリア教育をしよう
教師の職場体験研修はなぜ必要か
どんな職業体験をさせればよいか
職業体験の教育的効果は何か
キャリア教育の“即効的”な支援施策
フリーター・ニートを育てないために

著者紹介

明石要一[アカシヨウイチ]
昭和23年1月17日生まれ、大分県姫島村出身。東京教育大学大学院博士課程単位満期取得退学。教育社会学専攻。昭和51年千葉大学赴任。平成5年教授。第16期文部科学省中央教育審議会専門委員。平成13年千葉大学学長特別補佐。平成15年文部科学省中央教育審議会スポーツ青少年分科会臨時委員。平成17年千葉大学教育学部学部長、文部科学省生涯学習分科会臨時委員(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)