子どもの心が育つ学級づくりの原理原則シリーズ<br> 子どもの心が育つ学級づくりの原理原則 低学年

個数:

子どもの心が育つ学級づくりの原理原則シリーズ
子どもの心が育つ学級づくりの原理原則 低学年

  • 提携先に2冊在庫がございます(2017年11月25日 01時39分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■午前0時~午前10時までのご注文は「翌々日~3日後に出荷」
    ■午前10時1分から午後(夜)11時59分までのご注文は「3日~4日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 153p/高さ 22cm
  • 商品コード 9784181491154
  • NDC分類 374.12
  • Cコード C3337

目次

1 いじめを破壊し絆をつくる学級経営(いじめ発見のシステムを持つ;仲間はずれと対決する ほか)
2 タイプ別子どもへの対応術(ADHD・LDの子へはこう対応する―向山実践に学び、その子だけではなく、クラス全体を変えていく;アスペルガーの子へはこう対応する―やはり、授業の原則十カ条 ほか)
3 低学年からの学級崩壊のリスクを察知する(見逃すな、学級崩壊の予兆はこれだ!;荒れたクラスを立て直す原則はこれだ! ほか)
4 子どもの心を育てる学級経営の基礎づくり(1年生入学式からの黄金の3日間で基礎を創る;2年生始業式からの黄金の3日間で基礎を創る―テーマを明確にして臨む ほか)
5 ならぬものはならぬを教える(我慢する心を鍛える;弱いものいじめは卑怯である ほか)

著者紹介

岡田健治[オカダケンジ]
1958年岡山県生まれ。北海道教育大学教育学部卒業。岡山県津山市立北小学校教諭。TOSS作州教育サークル副代表。季刊『授業の原理原則トークライン』(岡山教育技術研究所)編集長

小林幸雄[コバヤシユキオ]
1958年岡山県生まれ。岡山大学教育学部卒業。岡山県津山市立佐良山小学校教諭。TOSS作州教育サークル代表。季刊『授業の原理原則トークライン』(岡山教育技術研究所)編集長

尾崎文雄[オザキフミオ]
1964年岡山県生まれ。愛媛大学教育学部卒業。岡山県津山市立弥生小学校教諭。授業の原理原則トークライン副編集長。TOSSあっとらんだむ代表(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)