中学校国語科新授業モデル 話すこと・聞くこと編―指導計画から評価まで完全対応!

個数:
  • ポイントキャンペーン

中学校国語科新授業モデル 話すこと・聞くこと編―指導計画から評価まで完全対応!

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月11日 15時33分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B5判/ページ数 126p/高さ 26cm
  • 商品コード 9784180766314
  • NDC分類 375.83

目次

第1章 新学習指導要領と新国語科実践上の課題(国語科改善の基本方針と「キー・コンピテンシー」;中学校新学習指導要領の目指す国語科の授業;新国語科実践上の課題「A話すこと・聞くこと」)
第2章 「話すこと・聞くこと」の指導のポイント(「A話すこと・聞くこと」の指導の改善;「A話すこと・聞くこと」の指導上の留意点)
第3章 新国語科の趣旨を生かした授業モデル(「言語活動例」を生かした授業モデル;「習得」と「活用」を図る授業モデル;創造的な思考力(クリティカル・シンキング)の育成を図る授業モデル)
第4章 「話すこと・聞くこと」における「目標に準拠した評価」の最前線(指導と評価の考え方;「A話すこと・聞くこと」の指導と評価;学力を伸ばすための評価の実際)
第5章 指導計画作成上の留意点とアイデア(年間指導計画の意義;年間指導計画作成上の留意点とアイデア;単元指導計画作成上の留意点とアイデア)

著者紹介

河野庸介[コウノヨウスケ]
昭和26年伊豆大島差木地生まれ。明治大学文学部卒。東京都公立中学校教諭。東京都教育庁指導主事、文部省初等中等教育局中学校課教科調査官、国立教育政策研究所教育課程調査官等を経て、平成16年度より群馬大学教育学部教授。平成18年度群馬大学ベストティーチャー。現在、群馬大学教育学部附属小学校長兼務

宗我部義則[ソガベヨシノリ]
昭和37年埼玉県生まれ。東京学芸大学教育学部卒。埼玉県公立中学校教諭を経て、平成3年よりお茶の水女子大学附属中学校教諭。平成13年より同大学文教育学部非常勤講師(兼任)。平成16年、同17年に同大学子ども発達教育研究センター講師(専任)。平成18年より同大学附属中学校教諭・同大学非常勤講師に戻り現在に至る。平成20年告示「中学校学習指導要領・国語」及び『中学校学習指導要領解説国語編』作成協力者(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)