歴史学習「観点別評価」ワーク―評価規準&記述例でよくわかる

個数:
  • ポイントキャンペーン

歴史学習「観点別評価」ワーク―評価規準&記述例でよくわかる

  • 出版社からお取り寄せいたします。

    【出荷までの期間】
    ■3日~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 159p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784180569243
  • NDC分類 375.32

内容説明

適正な学習評価は、学習指導の改善と子どもの学力向上とに結び付きます。必要なのは、以前のような集団に準拠した数量本位の評価ではなく、目標に準拠した観点別の学習評価です。本書には、「歴史学習」の44項目のワークシートと、その活用事例をまとめました。

目次

1 観点別評価―指導と評価の一体化のために(これからの学習評価の基本的な考え方;評価活動を進める方策;学校現場における授業改善の取組について)
2 歴史学習「観点別評価」単元別ワークシート(世界の古代文明のおこり(古代文明の特色と宗教との関連)
日本列島における農耕のはじまりと生活の変化
大和政権の統一と東アジアとのかかわり
聖徳太子の政治と大化の改新(天皇中心の古代国家の成立)
奈良時代の農民の生活(律令体制の動揺) ほか)

著者紹介

中尾敏朗[ナカオトシロウ]
文部科学省視学官・教科調査官

土屋武志[ツチヤタケシ]
愛知教育大学教育学部教授

下山忍[シモヤマシノブ]
埼玉県立越谷北高等学校長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)