こうすればできる高校の特別支援教育―実践事例にもとづく必携ハンドブック

個数:
  • ポイントキャンペーン

こうすればできる高校の特別支援教育―実践事例にもとづく必携ハンドブック

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 15時12分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ A5判/ページ数 178p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784180039258
  • NDC分類 378

内容説明

適格者主義の高校教育制度と特別支援教育はなじまない?しかし中学の特別支援学級の生徒の23%が高校に進学している実態がある。今こそ「障がい者とともに学び、ともに生きる」これが求められている―これからの高校教育の課題と方向を明示。

目次

1章 なぜ高校で“特別支援教育”なのか
2章 障がいのある高校生・教員から見た高校教育って何だ?
3章 大阪の高校における特別支援教育の実践事例
4章 高校における障がいのある生徒への指導と支援の実際
5章 高校における特別支援教育のバックボーン
6章 障がいのある生徒が問う“あなたの教育観”―社会的排除から社会的包摂の時代へ

著者紹介

成山治彦[ナリヤマハルヒコ]
1946年大阪市生まれ。私立中高校・府立高校教諭を経て、1994(平成6)年度より13年間、大阪府教育委員会で勤務。その間、大阪版教育改革プログラムの策定や総合学科の設置、高校の再編などを担当。2007(平成19)年に、教育監を最後に退職。その後、立命館大学接続教育支援センター教授を経て、2008(平成20)年度より国立大学法人大阪教育大学理事

有本昌剛[アリモトマサタケ]
1957年和歌山市生まれ。府立高校教諭を経て、1997(平成9)年度より12年間、大阪府教育委員会で勤務。その間、府民の社会参加を促進するための社会教育のあり方や高等学校での障がいのある生徒の教育などを担当。2009(平成21)年度より2年間、大阪府立柴島高等学校校長。2011(平成23)年度より大阪府立堺西高等学校校長。同年、大阪府立学校人権教育研究会会長(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)