文春学藝ライブラリー<br> 重臣たちの昭和史〈上〉

個数:
  • ポイントキャンペーン

文春学藝ライブラリー
重臣たちの昭和史〈上〉

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月08日 01時31分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ 文庫判/ページ数 465p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784168130243
  • NDC分類 210.7

内容説明

木戸幸一、近衛文麿、そして原田熊雄。三人は元老・西園寺公望門下生で、“園公三羽烏”と称された。時おりしも、政党政治の時代から軍部の台頭へと風雲急を告げていく―。岳父である原田熊雄や、木戸幸一の新証言によって、昭和史の奥の院を描き出す!

目次

第1章 大正デモクラシー・政党政治のころ―原田・西園寺・木戸・近衛
第2章 敢然とファッショの風潮に立ち向かって―浜口遭難と宇垣の野望
第3章 国内と満州と同時にやろう―満州事変と十月事件、五・一五事件
第4章 ファッショに近き者は絶対に不可なり―斎藤内閣と帝人事件
第5章 議会主義の守り本尊・西園寺が牙城―岡田内閣と陸軍の内政干渉
第6章 朕自ラ近衛師団ヲ率イ、此ガ鎮圧ニ当ラン―二・二六事件
第7章 今の陛下は御不幸なお方だ―広田内閣と林内閣

著者紹介

勝田龍夫[ショウダタツオ]
1912年‐1991年。東京生まれ。京都帝大法学部卒業後、1937年、朝鮮銀行入行。戦後は日本不動産銀行(後の日本債券信用銀行)に移り、69年に頭取、74年には会長に就く(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

元老・西園寺公望の側近だった原田熊雄。その女婿だった著者だけが知りえた昭和史の貴重な証言等を基に、昭和史の奥の院を描き出す。

昭和史ブームの礎となった労作!

元老・西園寺公望の側近だった原田熊雄。その女婿だった著者だけが知りえた昭和史の貴重な証言等を基に、昭和史の奥の院を描き出す。