文春学藝ライブラリー<br> モンゴルとイスラーム的中国

個数:
  • ポイントキャンペーン

文春学藝ライブラリー
モンゴルとイスラーム的中国

  • 楊 海英【著】
  • 価格 ¥1,695(本体¥1,570)
  • 文藝春秋(2014/02発売)
  • クリスマスポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 30pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月08日 07時31分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ 文庫判/ページ数 430p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784168130120
  • NDC分類 222.15

内容説明

『墓標なき草原―内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録・上下』で司馬遼太郎賞を受賞した著者が、モンゴルの視点から、一方的な開発と漢民族同化強制に揺れる中国西北部(ウイグル人・モンゴル人など諸民族が混在する地域)を踏査し、その時空と歴史を垣間見る渾身の学際的ルポルタージュ。

目次

第1部 モンゴルのイスラーム的近現代(モンゴルの視点から見たイスラーム研究;モンゴルにとっての「西北ムスリム大反乱」;モンゴル人ムスリムの今昔)
第2部 モンゴル系諸集団の現在(寧夏、イスラームの大海原に残るモンゴルの歴史;青海、民族形成の道を行く;保安族のスーフィズム;東郷族社会のイスラーム;モンゴル系ムスリムたちの脈動)

著者紹介

楊海英[ヨウカイエイ]
1964年生まれ。南モンゴル出身(中国内モンゴル自治区オルドス生まれ)。国立総合研究大学院大学博士課程修了。現在、静岡大学人文社会科学部教授。歴史人類学専攻。『墓標なき草原―内モンゴルにおける文化大革命・虐殺の記録・上下』(岩波書店)で第14回司馬遼太郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

一方的な開発と漢民族同化強制に揺れる中国西北部(ウイグル人、モンゴル人など諸民族の混在地域)を踏査した学際的ルポルタージュ。

「墓標なき草原」(岩波書店)で司馬遼太郎賞を受賞している著者は、今でこそ国籍は日本で日本名(大野旭)を持つ研究者ですが、もちろん生まれも育ちも内モンゴルです。しかし、中国共産党が著者の故郷である内モンゴルを事実上「植民地支配」下に置いているために、そこに住む4000万人の人々は、異民族支配を受けています。文革時代には、とりわけ酷い弾圧を受けました。その中には、イスラームを信じる人々もいます。著者はモンゴル人の視点から、この地をフィールドワーク的に走破しながら、現地調査を展開。そして、中国政府の喧伝する薔薇色の民族協和は本当なのかを探ります。その一部始終を学術的に、しかし、ルポルタージュ風に記していきます。写真も豊富です。
「墓標なき草原」などでは文革時代のモンゴル弾圧の歴史などを中心に記述されていましたが、本書は、モンゴルのさまざまな遊牧民・諸民族の生活と宗教の歴史などを中心に、可能な限り現地で取材し、現地の人々の声に耳を傾け、まとめていきます。
著者の師でもある梅棹忠夫氏の「モゴール族探検記」や松原正毅氏の「青蔵紀行」を日本に来てから読んで感動した著者が、その先学に倣っての探検・取材旅行を経た上でまとめたのが本書です。