文春文庫<br> 英語で読む百人一首

個数:
電子版価格
¥804
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
英語で読む百人一首

  • ウェブストアに5冊在庫がございます。(2024年07月22日 07時01分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 272p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167908416
  • NDC分類 911.147
  • Cコード C0195

出版社内容情報

日本人なら誰もが親しんできた百人一首の和歌を美しい英語に。英語を知りたい人にも日本の美をもっと知りたい人にも最適の一冊。

ピーター・J・マクミラン[ピーター ジェイ マクミラン]

内容説明

日本人の誰もが親しんできた和歌集「小倉百人一首」が、美しい英語の詩になりました。英語を学びたい人はもちろん、日本の美をもっと深く知りたい人にも最適。知っていたようで知らなかったあの歌この歌の感動と理解が、英語で読むことでまた新たによみがえります。オリジナルの和歌と英訳が見開きで一覧できるレイアウト。

著者等紹介

マクミラン,ピーター・J.[マクミラン,ピーターJ.] [MacMillan,Peter]
1959年、アイルランド生まれ。翻訳家、日本文学研究者、詩人。英文学博士。アイルランド国立大学卒業。プリンストン、コロンビア、オックスフォードの各大学で客員研究員を務める。日本在住歴は25年を超える(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しゅてふぁん

32
三十一文字にどれだけの情報を詰め込むんだ、という和歌の英訳に興味をそそられないはずはない!この本を読んで、詠人や詠まれた背景、当時の政情や人との繋がりに気をとられていて、大意は知っているけれど、ひとつひとつの言葉をきちんと確認していなかったな、と実感した。古語辞典、英和辞典、百人一首の入門書をお供に存分に楽しんだ。言葉と向き合う時間は新たな発見がいっぱい。英訳された和歌はなんともスッキリしたものだった。和歌によっては、意味するところをすべて詰め込むのは難しいよね。2017/04/18

Haruka Fukuhara

12
リービ英雄やドナルド・キーンの存在でもうあまり驚かないけど、そうは言ってもやっぱりすごい努力の賜物なのだろうと感嘆する。百人一首の英訳対照。高校生くらいの瑞々しい感性に勧めたいけど(ちょうど今の仕事柄そういう年代に近いこともある)現実にはこういう趣味的な本に手を伸ばせるのはもう少し大人になってからという人が多い様子。もっとも感性に年代は究極的には関係ないとも思うので、若い方にも人生経験豊かな方々にもお勧めです。後書き(英語で書かれて翻訳されたもの)がまたなかなかの名文で色々と考えさせられました。2017/06/15

Ryoichi Ito

9
著者は1959年,アイルランド生まれ。2008年出版の"One Hundred Poets, One Poem Each"(英訳・小倉百人一首)で有名になった。現在,万葉集の全訳に取り組む。日本の古典が世界の多くの人びとに届けられるのはすばらしいことだ。巻末に長い「あとがき」がある。私には,日本語の和歌より英訳の方が歌の意味がよくわかる。2022/09/17

Nonberg

8
訳詩をひとつ引用します。"Just like the moon,/ you had come and gone/ before I knew it./ Were you, too, hiding/ among the midnight clouds?" これはたいへん親しまれてきた57番、紫式部「めぐりあひて…」の歌です。ここでは逐語を選ばず、主意を採り、リズム感良く、映像を喚起します。異なる言語で和歌を読むと新鮮な気づきがあります。いまは集英社新書版を本屋さんで購入できず文春文庫版で。お薦めの一冊です。2020/09/09

びっぐすとん

8
図書館本。英語は得意じゃないが、それでも英訳のほうが原文よりも判りやすい歌があるのは皮肉的。原文だと主語が無くても「誰が・何が」なんて意識もしないが、まさに英語ではそこを明確にしないとダメだし、それによって解釈も変わってきてしまう。日本語だって解釈が変わるのは同じだが、あまり気にしないで「どっちもアリだな」と感覚で理解してた。著者のあとがきが興味深い、西洋の芸術=不変・永遠、日本の芸術=移ろうものという認識の差など「なるほどなぁ」と納得。その言語独特の言葉遊びは翻訳が大変そう。もっと古典の勉強しよう。2017/05/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11562517
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。