文春文庫<br> スナックちどり

個数:
電子版価格
¥509
  • 電書あり

文春文庫
スナックちどり

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月20日 08時15分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 176p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167906061
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

離婚し仕事をやめた「私」と身寄りをなくしたいとこのちどり。傷付いた女二人がたどりついたのはイギリス西端の小さな田舎町だった。淋しさを包みあう、ふたりの女の旅



離婚し、仕事をやめた「私」と身寄りをすべてなくしたばかりのいとこのちどり。傷付いた女二人がたどりついたのはイギリス西端の小さな田舎町だった。よしもと ばなな[ヨシモト バナナ]

内容説明

四十歳を目前にして離婚した「私」と、親代わりに育ててくれた祖父母を亡くしたばかりの、幼なじみで従妹のちどり。孤独を抱えた二人は、一緒にイギリスの西端の田舎町・ペンザンスに小旅行に出かける。淋しさを包みあう二人の間に、三日目の夜、ある「事件」が起きる…。日々を生きる喜びが心にしみわたる傑作小説。

著者等紹介

よしもとばなな[ヨシモトバナナ]
1964年、東京生まれ。日本大学藝術学部文芸学科卒業。87年、「キッチン」で海燕新人文学賞、88年「ムーンライト・シャドウ」(『キッチン』所収)で泉鏡花文学賞、89年、『TUGUMI』で山本周五郎賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

しんごろ

140
傷心の女性2人がイギリスの田舎に旅行して滞在中での話!あいかわらずの、ばななさんワールドでして、ほんわかふんわりで優しく出てくる2人の登場人物の寂しさと再生をゆったりと表現してくれます(^^)今回、さっちゃんとちどりが全面に押し出て脇役がいない状態なので、ばななさんの作品では正直、物足りなさを感じました(^^;)えっ!というシーンも出てきて驚きましたが、ただ言えることは、この本を読んでギネスのビールを飲みたくなったのは確かです(^-^)BGMにはWHAM!がいいかな(^^;)2016/09/25

masa@レビューお休み中

101
旅は人を変えるのだろうか。いや、旅ではなく人は人でしか変わらない。もしくは自身で決めることで変わるのだと思う。これはふたりの女性の旅の物語である。従姉妹であるさっちゃんとちどりがイギリスの片田舎であるペンザンスで過ごした幾日かの旅模様と、それまでのふたりの軌跡が描かれている。さっちゃんは離婚したばかりで旅をして、ちどりは祖父母が亡くなった後スナックちどりを引き継ぐ前に旅をしていた。事情は異なるのに、何かが符号する。弱い波と強い波が合わさる。次に行くための休息。ゆっくりと旅をしながら進むのかもしれない…。2016/09/16

じょんじょん

72
ひさしぶりの吉本ばななさん(名前を漢字に戻したんですね)。やわらかで、ゆったりとした文章に心地よく身をまかせたい。自分の目標テーマ「丁寧に暮らす」という言葉が頭に浮かんできました。それぞれの悲しみを抱えた従妹同士のふたり旅。イギリスの田舎街でのゆるやかな日常のなかで、ほぐされていく心が気持ちいい。「とにかく不安定は人としていけないよね、やっぱ。」ちどりの言葉は耳が痛い。ともすれば、ざわめき、さざめきがちな自分の心、いつかゆるやかな旅の時間をもって、ゆったりと過ごしてみたい。そんな気持ちになった作品です。2018/02/09

はつばあば

59
いつまでも現状維持はない。いつかいなくなる祖父母や親・別れてしまう運命にあった人。癒すには心地よい女二人旅に地味な風景と食べ物。女だからこそ明日に向かって強く生きていかねばならないのだもの2016/07/03

けぴ

53
感想が書きにくい話でした。従姉妹同士でイギリスの田舎町を旅行するさっちゃんとちどり。特に大きな事件が起きるわけでもなく、ゆったりとした時間が流れる。旅が終わりに近づいて寂しさを感じた、ちどりにせがまれキスをする2人。少しあやしい雰囲気を感じますが、その後の進展は無く終わる。ちどりはおばあちゃんがやっていたスナックみどりを継ぐこととなる。日常を淡々と描く不思議な味わいでした。2020/03/12

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10851589
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。