文春文庫<br> 王になろうとした男

個数:
電子版価格 ¥722
  • 電書あり

文春文庫
王になろうとした男

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年12月05日 02時35分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 345p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167905682
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

信長の大いなる夢にインスパイアされた家臣たち。毛利新助、原田直政、荒木村重、津田信澄、黒人の彌介。峻烈な生と死を描く短編集。

野心が、野望が、戦場をかけめぐる

信長の大いなる夢にインスパイアされた家臣たち。毛利新助、原田直政、荒木村重、津田信澄、黒人の彌介。峻烈な生と死を描く短編集。

内容説明

野心が、野望が、人を変えていく戦国時代。桶狭間の戦で功を挙げた毛利新助、計策事により秀吉や光秀よりも出頭した塙直政、臣下の謀略で一族郎党を虐殺された荒木村重、信長に父を殺され復讐を胸に秘める津田信澄、黒人奴隷となって買られてきた彌介。信長の家臣ゆえ、運命に翻弄された男たちを描く短篇集。

著者等紹介

伊東潤[イトウジュン]
1960年、神奈川県横浜市生まれ。早稲田大学卒業。「国を蹴った男」(講談社)で第34回吉川英治文学新人賞を、「巨鯨の海」(光文社)で第4回山田風太郎賞と第1回高校生直木賞、「峠越え」(講談社)で第20回中山義秀文学賞、「義烈千秋天狗党西へ」(新潮社)で第2回歴史時代作家クラブ賞(作品賞)、「黒南風の海―加藤清正『文禄・慶長の役』異聞」(PHP研究所)で本屋が選ぶ時代小説大賞2011を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

yoshida

167
織田信長の家臣五人の視点から描く短編集。白眉は標題作の「王になろうとした男」。モザンビークに住むヤシルバはポルトガルの奴隷商人に囚われる。イエズス会宣教師達の手により、ヤシルバは信長に献上される。ヤシルバの膂力と研ぎ澄まされた感性を信長は見抜き、彌介と名を与え自身の小姓とする。偏見を持たず、能力を見抜き接する信長に彌介は心酔する。二人は信忠の代まで掛けて欧州を制し、彌介をアフリカ大陸の王とする夢を語る。勃発する本能寺の変で夢は潰えたかにみえたが、彌介は信長の言葉を思い出し再び生きる。実に読ませる傑作です。2017/01/15

Rin

66
王となろうとした織田信長。彼と関わった人たちの物語。だけど、誰の物語を読んでいても織田信長の存在感は絶大。彼の影響力の強さが、カリスマ性が伝わってくる。この時代の人たちが抱く野心、彼に仕えることで抱いた野心。その野心と信長に翻弄された人たち。その行く末も様々で、いい悪いを決めるものでもなく、誰もが精一杯に生き抜いていた。フィクションであることを忘れて一人ひとりの物語とその時代に浸ることができた。個人的には表題作と「果報者の槍」が良かった。何より知らなかった人たちを知ることができた読書の時間でした。2018/01/13

あも

52
毛利新助、塙直政、荒木村重、津田信澄、黒人奴隷の彌助…さてあなたは何人知っていましたか?信長に仕え、歴史の主役にはなれなかった彼ら。一武士として生涯を終えた者、出頭競争に敗れた者、謀反した者…信長を主役に据えるではなく、まして秀吉や明智光秀の視点から描くでもない。不器用だったり、狡っ辛かったり、情けなかったりする等身大の男達。織田信長という異形の存在に対する「畏怖」と「憧憬」の狭間で藻掻く彼らの生き様を通してこそ、その苛烈さ、底知れなさ、そして眩いまでの魅力を存分に描くことが出来たのだろう。出色の短編集。2016/09/21

優希

48
面白かったです。信長の家臣故に運命に翻弄されるのがハラハラさせられました。2021/03/13

キャプテン

40
★★★★☆_天下人、織田信長の「周囲の人達」をメインに捉えて、周囲から「織田信長」を描く時代劇。革新的な人物ゆえに、強烈な人物である信長の家臣たちははたして幸福だったのか。当時の人物たちしか、その答えは知らないけれど、きっとどの人も燃ゆるように「活きて」いたのだろう。「え⁉︎そこ⁉︎」というようなマイナー人物たちにスポットが当てられてるからこそ、親近感豊かに戦国時代を見つめられる。2016/07/23

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/10376958

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。