文春文庫<br> 余命1年のスタリオン〈下〉

電子版価格 ¥621
  • 電書あり

文春文庫
余命1年のスタリオン〈下〉

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 349p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167904821
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

芸能界に颯爽とデビューし、種馬(スタリオン)王子の異名をもつ小早川当馬。公私ともに絶好調の中がん宣告を受けるのだが……。

内容説明

当馬は、最後の一年を映画に懸けた。監督の溝畑英治、先輩女優の都留寿美子らを巻き込みつつ、病身を押して撮影に打ち込む。そして、思いもかけず生まれた、新しい愛。「わたしは、当馬さんの赤ちゃん、産んでもいいですよ」。その真っ直ぐな視線に、すでに人生の終わりを見定めた当馬はどう答えるのか―。

著者等紹介

石田衣良[イシダイラ]
1960年、東京生まれ。成蹊大学経済学部卒業。広告制作会社を経てフリーランスのコピーライターに。97年、「池袋ウエストゲートパーク」でオール讀物推理小説新人賞を受賞。『池袋ウエストゲートパーク』(文春文庫)でデビュー。2003年、『4TEEN』(新潮文庫)で直木賞を受賞。06年、『眠れぬ真珠』(新潮文庫)で島清恋愛文学賞、13年、『北斗ある殺人者の回心』(集英社文庫)で中央公論文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

優希

102
残された命を懸けるものがあるというのが心に響きました。余命1年という残された時間を映画に懸けた当馬。病気の体を押しながら挑む撮影は、本当に1秒1秒の命を削るもののように見えるのが辛い。でも、そんな中で新しい命と出会い、自分の命をそこに見出したように思います。悲しいラストではなく、命のバトンがなされるというラストが爽やかでした。重いテーマながらも優しい読後感のある作品でした。良作。2016/09/14

きむこ

75
かなり軽い部類の小説だったのに、読了後、時々この主人公のことを考えている自分にびっくりしています。ベタでアレコレ突っ込みたくなる部分も多かったけれど、『闘病』部分と芸能界の『お仕事小説』の部分と『恋愛』のバランスが良く軽妙な雰囲気なのに涙腺崩壊。そしてもし自分が余命宣告されたら・・と考えた時の理想的な頑張り方だから惹きつけられた。こういうのは嫌いじゃない。★4 2017/12/05

ましゅう

25
良い作品を読めた満足感でいっぱいです。小説は別の人生を体験できるというけれど、当馬の人生にものすごくのめりこみました。他の登場人物もとても魅力的。あかねちゃんはすごくよくできた子で、読んでてウルウルしました(;_;)寿美子さんはかっこいい。かっこよすぎて泣けました。律子ちゃんには惚れてしまいそうです(笑)あかねちゃんの言葉「約束してくれるなら、わたし、ずっと太ったままでもいいんだけどな。」ここに込められた愛は深すぎる。重いテーマなのに重く感じさせない本作。作中作の『種馬の人生』観てみたくなりますね。2016/05/23

pom*

21
結末は想像通りに向かっていきますが、悲しいだけでは終わりませんでした。当馬が俳優としての自分にかける思いの強さ、そして周りの人たちの温かさが伝わってきて、当馬の生き方が羨ましいとさえ思えました。2016/03/05

nonたん

20
単なるお涙頂戴ではなかったね。みんなすごく強い!当馬のお母さんなんかすご過ぎんじゃね?こんな気丈なお母さん素敵だわ。嫁さんしかり大女優しかり。周りの人が素敵でイイよねぇ…。泣かないかと言えば、泣くところはたくさんありました。電車では読みませんでした( ´ ▽ ` )ノ爽快な気分さえ感じるくらい、さっぱりした良いお話でした。2015/11/17

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/9867802

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。