文春文庫<br> 無菌病棟より愛をこめて

個数:
電子版価格
¥722
  • 電書あり

文春文庫
無菌病棟より愛をこめて

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年07月17日 19時07分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 366p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167901905
  • NDC分類 916
  • Cコード C0195

出版社内容情報

急性白血病の宣告を受け仕事も家族も放り出しての緊急入院、抗癌剤治療、骨髄移植。人気ミステリ作家が綴る涙と笑いに満ちた闘病記。

愛してくれる人たちがいるから、死なないように頑張ろう

急性白血病の宣告を受け仕事も家族も放り出しての緊急入院、抗癌剤治療、骨髄移植。人気ミステリ作家が綴る涙と笑いに満ちた闘病記。

内容説明

愛してくれる人たちがいるから、死なないように頑張ろう。―急性白血病の告知を受け、仕事の予定も、妻・母としての役割も、すべてを放り出しての突然の入院、抗癌剤治療の開始。辛い闘病生活の中で家族と友人の絆に支えられ、ユーモアを忘れずに人気ミステリ作家が綴る、たくさんの愛と勇気、温かな涙と笑いに満ちた闘病記。

目次

それより前の日々
突如として重病人?の日々
無菌病棟より愛をこめての日々
それよりあとの日々

著者等紹介

加納朋子[カノウトモコ]
昭和41(1966)年、福岡県北九州市生まれ。文教大学女子短期大学部卒業後、化学メーカーに勤務。平成4年、「ななつのこ」で第3回鮎川哲也賞受賞。平成6年発表の短編「ガラスの麒麟」で、第48回日本推理作家協会賞(短編および連作短編集部門)受賞。平成7年に退社して作家専業となる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hiro

208
加納さんの作品については、「駒子シリーズ」の続編を読みたいとか、次は映画化された「ささらシリーズ」を読もうなどと、のんびり思っていた。しかし、読メの新刊チェックでこの本をみつけて、初めて加納さんのご病気のことを知った。この本を読んで、ドラマでしか知らなかった白血病について、知ることができたが、作家の方が書いた読みやすい文章で、苦しい治療のときに家族の支えがどれだけ大切かを、改めて感じることができた。毎日書かれている闘病日記に抜けている日があるが、逆にそのことが闘病の苦しさを感じた。2014/09/19

いつでも母さん

111
初・加納作品がこれ!完全に小説だと思ってた。凄い。小説家の『さが』でとおっしゃっているが・・実際は厳しく重く苦しく大変だったのだと想像出来る。この方の人柄なのだろうか『嫌味なく』最後まで一気に読了。多分、加納さんは恵まれているのだろう(当事者に対して申し訳ない言い方ではあるが)経済的にも、ドナーが弟さんで形がピッタリだったことも、ご主人が自由業で(人気作家であるから絶対に忙しい時間をやり繰りしたのだとは察する)医師(病院・看護師を含む)との出会い等など・・それでも読んで良かった。希望の本だと思う。2015/06/06

りゅう☆

99
急性白血病の告知を受けた加納さんの闘病記。抗がん剤治療の化学療法と骨髄移植。がん治療はツラいと聞くけど、これほど生々しくツラさが伝わる文献を読んだのは初めてかも?物書きだから書かずにはいられない。何度か中断した時期はあるけど、ほぼ毎日書き続けた加納さんに頭が下がる。自分が死ぬことで悲しむ人がいる。だから絶対に死ねない。脱毛、吐き気、嘔吐、痒み等。副作用の苦しさは常にある。でもユーモア含め懸命に闘病する姿が眩しい。そんな加納さんだからこそ、たくさんの人が心配してくれる。そして旦那様である貫井徳郎氏の存在は→2021/07/13

aquamarine

91
病名は違いますが、手術による切除と化学療法を経験しました。子供が成人するまでは死んでたまるかというそれだけが支えでした。たくさんの辛さと感謝を同様に経験しました。そして私も今、生きています。何を書いたらいいのか、本当に迷いましたが、これだけは言えます。彼女は本当に強く、同じ病気を患っている人々の希望の星です。これを世に出したことには意味があり、たくさんの人が救われることを信じています。ただ、人の受け取りは千差万別です。特に心が弱っているときは。誰にでも気楽に勧められる本ではないことはわかってほしいです。2017/03/15

優希

84
急性白血病の告知から全てを捨てて入院しなければならなくなった著者。辛い中でも家族や友人が支えてくれているだけではなく、ユーモアも忘れないのが刺さります。病気は辛いものですが、あたたかさを感じる1冊でした。2019/09/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/8204890
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。