文春文庫
ユカリューシャ―不屈の魂で夢をかなえたバレリーナ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 331p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167801113
  • NDC分類 769.1
  • Cコード C0195

内容説明

バレエ教師の母の元でレッスンを始め、ロシアへ留学。鉄のカーテンの時代、ボリショイ・バレエ団プリンシパルと恋に落ち、結婚、出産。その後、プリマとして活躍する最中、大怪我に見舞われるも奇跡的な復活を遂げ、念願の舞台出演を果たす。激動の半生を綴った感動の実話。特別篇「オネーギン」を新たに書き下ろした決定版。

目次

第1章 どん底
第2章 バレエとの出会い
第3章 ロシアへ
第4章 国際結婚
第5章 東京バレエ団
第6章 母としてダンサーとして
第7章 真のバレリーナ
文庫特別篇 第8章 オネーギン

著者紹介

斎藤友佳理[サイトウユカリ]
1967年横浜生まれ。6歳より母・木村公香にバレエを学ぶ。16歳から社会主義時代のロシアへバレエ短期留学を繰り返し、ボリショイバレエ団のプリンシパルダンサー、ニコライ・フョードロフとペアを組む。87年より東京バレエ団に在籍。翌春のヨーロッパ公演『ザ・カブキ』の顔世御前役に抜擢され、以後、プリマバレリーナとして第一線で活躍。90年2月、フョードロフ氏と結婚。92年のロシア公演『ラ・シルフィード』で絶賛を浴びる。94年、息子セルゲイを出産(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

妻であり母である東京バレエ団のプリマ・バレリーナが、大怪我から奇跡の復活、念願の舞台出演を果たすまでの激動の半生を綴る。