文春文庫<br> 武士道セブンティーン

個数:
電子版価格 ¥693
  • 電書あり

文春文庫
武士道セブンティーン

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年07月03日 08時26分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 415p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167780036
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

スポーツと剣道の、暴力と剣道の狭間で揺れる17歳の剣道女子、柔の早苗と剛の香織。2人は別々の場所から武士道の本質に迫っていく。

内容説明

「強さは力」の香織と「お気楽不動心」の早苗。対照的な相手から多くを吸収したふたりだったが、早苗は、家の事情で福岡の剣道強豪校に転入。そこでの指導方法の違いに戸惑う。一方、香織は後輩の育成に精を出す。互いを思いつつも、すれ違うふたりは、目指す剣道に辿り着けるか。大人気剣道青春小説、二本目。

著者等紹介

誉田哲也[ホンダテツヤ]
1969年、東京都生まれ。学習院大学卒。2002年『ダークサイド・エンジェル紅鈴 妖の華』で第2回ムー伝奇ノベル大賞優秀賞を受賞してデビュー。2003年『アクセス』で第4回ホラーサスペンス大賞特別賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

zero1

435
剣道は競技か武士道か?高2になった香織と早苗は神奈川と福岡で剣道を続ける。香織は後輩の田原に懐かれる。この巻で悩んだのは早苗。何のための剣道なのか。インハイで団体戦メンバーになったものの部活が楽しくない。この早苗の悩みはいかにも青春していて共感。主力選手のレナは競技としてルールを明確化したいと望む。早苗は勝負に出る。桐谷、吉野、そして香織パパそれぞれの武士道に感銘を受けた。「理が育たない」(後述)や「戦いを収める」は名言。負ける意味など笑いの中に深い部分も。次は吉野伝説?と高3の香織がレナと最終決着?2019/08/09

風眠

393
剣道は「スポーツ」なのか「武道」なのか?個人的には、道を究めるものであってほしい。剛の香織、柔の早苗、離ればなれになったふたりがそれぞれ、自分の剣道に悩み、成長していく姿がキラキラと眩しい。ふたりが追い求める「武士道」とは結局のところ何なのか。その答えは「武者の生業は戦うこと、武士の生業は戦いを収めること。」の一文に尽きるのではないかと思う。命を守るための剣、その剣を使う者の心に向き合うことが剣の道。香織と早苗、ふたりが歩む道はこれからも続く。青春のきらめきがギュッとつまった、ちょっと汗臭い武士道2作目。2013/03/19

射手座の天使あきちゃん

372
キャラ読みさせる小説に個性的キャラが続々と 勝利のため手段を選ばぬ 心に「氷のツルギ」を持つ女・黒岩レナ、そして何やら「いわく」ありげな吉野先生・・・ 気になって、どんどん物語に引き込まれます。さて武士道を極めるのは、「お気楽不動心」の早苗か、気持ち丸みを帯びた「白刃のギラツキ」香織か!? エイティーンいきま~す (^_^)v2011/07/30

kishikan

280
文庫になったので、セブンティーンを購入。九州に転校した早苗と香織とのそれぞれの地域での物語が交互に展開。第一作は、香織の同じ学校内でのライバル争いだったが、今回は早苗は同じ学校での、香織にとっては中学以来の因縁の最大のライバルが現れ、それぞれが別の地域で武士道を極めるための悩みに直面する。通常シリーズ2作目は、中だるみしてしまうが、腰砕けににならず、テンションも高いまま次作へ期待をもたせてくれる。3本勝負の2本目にふさわしい中堅の活躍!エイティーンを読むのが楽しみだ。2011/04/16

佐々陽太朗(K.Tsubota)

274
エイティーンに向けていちおう注意しておきたいのは香織が中学の剣道部で一緒だった清水の存在。ヘタレで糞握りで優柔不断、しかも中学で剣道をやめた根性なしで、さっぱり女子にモテず、いつも半分ひっくり返ったような声で喋る挙動不審男ながら女心は謎だからなぁ。案外、さっぱりと男前な性格の香織の母性本能をくすぐって……、などと勝手に妄想を膨らませている私である。誉田氏が続編『エイティーン』で清水君をどう扱うのか気になるところ。もう『武士道エイティーン』を読んでその辺りをご存じの方も多いと思われるが、教えて欲しくないぞ!2011/03/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/2150781

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。