• ポイントキャンペーン

文春文庫
古事記を旅する

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 332p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167725044
  • NDC分類 913.2
  • Cコード C0195

内容説明

国生み神話発祥の地からヤマトタケル終焉の地まで日本全国75カ所を『口語訳 古事記』の著者が案内する決定版ガイドブック。古事記ゆかりの土地や神社だけでなく、祭事や神楽も紹介している。古事記編纂1300年を迎える年にぜひ、この一冊を手に神話の世界にタイムトリップしたいもの。奈良、出雲、伊勢のルートガイド付き。

目次

第1部 対馬海流とともに―旅する神々(女神のいます島―沖ノ島;ワタツミを祀る―志賀島;空中神殿と異界―出雲 ほか)
第2部 東へ向かう海道―王権の神と人(神の降りた山―高千穂;神と人との狭間に―日向;イハレビコはなぜ東に向かうのか―瀬戸内 ほか)
第3部 ヤマトをめぐる街道―栄光と敗北(オノゴロ島を求めて―沼島;大王たちの時代―河内と難波;陰謀うずまく里―近つ飛鳥 ほか)
旅の終わりに 古事記を旅した二人―太安万侶と本居宣長

著者等紹介

三浦佑之[ミウラスケユキ]
昭和21(1946)年、三重県生まれ。成城大学大学院博士課程単位取得修了。千葉大学退職後、現在は立正大学教授。古代文学、伝承文学研究専攻。平成15(2003)年、『口語訳 古事記』で第1回角川財団学芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

あまね

20
いつか古事記に縁のある神社を巡ってみたいと思っています。御息女の三浦しおんさんから『古事オタ』と呼ばれるお父様の三浦先生の旅行記なので、なかなか読み応えがありました。特に日本海側のエピソードやご説明は、本当に興味深くロマンを感じました。そして、いい意味で、時々本音をズバッと仰るところが微笑ましかったです。2020/03/10

りー

9
日本各地の古事記関連の神社や場所を巡る紀行文。北九州・出雲・越、川を遡上して諏訪を繋ぐ文化圏を探っています。良い感じに力が抜けているのに内容充実。神社って、タイムカプセルなんだー!!と、しみじみ。考えてみれば、文字以前の口承文化まで神楽として残っているって、凄い。ワクワクしました。文庫化で写真が大幅カットされたそうで、ハードカバーでも読んでみたいです。ところで、古代出雲の海の幸として「入鹿、和邇(以下略)」と書かれていて、ん?蘇我入鹿の入鹿?と今更、認識。輪くぐりとかジャンプとか・・イルカ様!イメージが!2018/10/15

なおこっか

2
古事記のみならず、日本書紀、風土記の記述も参照できるので、より複合的にかねての時代の幻視旅に浸れた。日本海側の文化圏、太平洋ルート、ヤマト、の3地域に分けて紹介された中で、最近何度か旅した奈良方面(ヤマト)は勿論、今まであまり縁のなかった日本海側に強く惹かれた。太平洋側はヤマトタケルくらいしか来てくれないので少々寂しいw が、長距離の移動と伝播には感嘆する以外にない。そして明治にいかに強引に、歴史にレッテルを貼ったのか…。時に毒とお茶目を吐く文章は、けしてわかりづらくはないですよ、しをんパパ。2017/09/13

あきいら

2
思いのほか気づきの多かった本。この著者の他の著作も読んでみたい。2017/06/30

takao

1
ふむ2021/05/26

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/3846334

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。