文春文庫<br> ダブル・ファンタジー〈上〉

個数:
電子版価格
¥569
  • 電書あり

文春文庫
ダブル・ファンタジー〈上〉

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年07月17日 18時18分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 301p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167709037
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

女としての人生が終わる前に性愛を極める恋がしてみたい。35歳の脚本家・高遠奈津の性の彷徨が問いかける夫婦、男、自分自身。

内容説明

三十五歳の脚本家、奈津は、才能に恵まれながら、田舎で同居する夫の抑圧に苦しんでいた。ある日、夫の創作への関与に耐えられなくなった奈津は、長く敬愛していた演出家・志澤の意見に従い、家を飛び出す決意をする。束縛から解き放たれた女性が、初めてめぐり合う生と性、その彷徨の行方を正面から描く衝撃的な官能の物語。

著者等紹介

村山由佳[ムラヤマユカ]
1964年、東京生まれ。大学卒業後、会社勤務、塾講師などを経て、93年「天使の卵~エンジェルス・エッグ」で第6回小説すばる新人賞を受賞。2003年『星々の舟』で第129回直木賞を受賞。主な著作に、第4回中央公論文芸賞・第22回柴田錬三郎賞・第16回島清恋愛文学賞を受賞した『ダブル・ファンタジー』「おいしいコーヒーのいれ方」シリーズなどがある(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

460
村山由佳氏は2作目。以前に読んだ『花酔ひ』は、なかなかに官能性を有していたが、こちらは裏表紙に「衝撃的な官能の物語」と謳いあげるほどには官能的ではない。まず主人公の奈津がさほど魅力的に描かれてはいない。そして、相手役の志澤の言動にヒンがない。夫の省吾もまたそうだ。これでは読者を官能の世界に導くのは到底無理である。中央公論文藝賞をはじめ、3つもの賞を受賞しているにしては浅薄な感が否めない。小説全体の文体も投げやりで、濃密さを欠く。これでは下巻が思いやられるが、はたして文学賞に相応しく持ち直すのだろうか。2018/05/13

三代目 びあだいまおう

265
『花酔ひ』での村山さん初体験が衝撃すぎて他の作品はと手に取る。上巻背表紙には『束縛から解き放たれた女性が、初めてめぐり合う生と性、その彷徨の行方を正面から描く衝撃的な官能の物語』と。直感で選本する私への殺し文句か?人気脚本家の奈津は夫に抑圧されながら、憧れの演出家とのメールやり取りにより女としての欲情がまるでお湯を注がれた茉莉花のように花開く!官能表現がストレートなのに私の感情が揺さぶられない不思議。登場人物に共感も没入感も抱けない。下巻には期待してよいのか、言葉巧みな男がモテるのには納得はするが‼️🙇2020/01/24

さてさて

256
主人公の奈都が『官能』の世界に魅せられ、自らの中にその炎が灯るのを感じるこの作品。”セックスを描くのは好きですよ。もともと、本来ことばにするのが難しい感覚を、的確に描いて、読者の感覚を翻弄したい、引きずり回したいという野心があるんです”。そうおっしゃる村山由佳さんが『官能』な世界を描くこの作品。合計46通にものぼるメールのやりとりや『官能』な描写の美しさに、一気に読み進んでしまうこの作品。主人公・奈都の心の揺れ動きと、悶えるような感情表現の上手さが際立つ、なるほど村山由佳さんの代表作!と感じた作品でした。2022/04/23

相田うえお

152
★★★☆☆18094 主人公は自宅で脚本の仕事をする既婚女性の奈津。彼女は演出家の先生とメールをやり取りをしているうちに不倫をしてしまいます。それがきっかけで、彼女と仕事を共同経営しているつもりになっている夫の介入・束縛に我慢が出来なくなり一人暮らしを。。と話は流れていきます。読んでてイライラ〜。彼女も彼女、夫も夫、先生も先生、あんたら何なんだ!誰にも肩入れできないぞ〜!この内容疲れる〜〜!それだけに、飼い猫の環ちゃんシーンは癒されたよー。ラストで、またまた妖しい雰囲気〜。後編ではどうなることやら。。2018/10/16

machi☺︎︎゛

123
共感できたらダメなんだろうけど共感できる。こんな旦那だったら尊敬している作家先生に惹かれていく気持ちはわかる。旦那だけが悪いんじゃないという見方もあるだろうけど、妻の性欲を満たす為に、はいはい、手でやってあげるから。はいただけないな。また新しい男性も出てきて下巻へ続く。2019/06/27

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/4110565
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。