• ポイントキャンペーン

文春文庫
シンプル・リーダー論―命を懸けたV達成への647日

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 221p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167679453
  • NDC分類 783.7
  • Cコード C0195

内容説明

どん底にあった阪神タイガースを18年ぶりの優勝に導いた闘将が、監督就任の真相、組織改革、チーム補強、選手教育のすべてを語った。圧倒的なV達成をもたらした「本気の男」が明かす舞台裏から、指導者たる者のあるべき姿が見えてくる。ビジョン、覚悟、信頼、情熱、気配り…、これこそ「燃える男」のリーダーシップ論の真髄。

目次

命懸けだったこの2年
「阪神行き」のこれが真相
「阪神行き」のこれが覚悟
わたしの「熱い血」のルーツ
「変化」は望まれていた
「改革」とは一体なにか
弱者から強者への道
大量「整理」の舞台裏
大量「補強」の舞台裏
型破りだった陣客
我がコーチ、我が手足は21本
無用だった「内側の管理」
わたしのシンプル・リーダー論
マスコミと応援団と
これが「やもめ貴族」の生活
連覇の夢―明日のタイガース

著者等紹介

星野仙一[ホシノセンイチ]
1947年岡山県生まれ。倉敷商業から明治大学に進む。’69年ドラフト1位で中日ドラゴンズに入団、エースとして活躍する。’74年にはチームをリーグ優勝に導くとともに、自身も沢村賞を獲得。通算成績146勝121敗。退団後、NHK野球解説者を経て、’86年シーズン終了後中日監督に就任。2度にわたる監督キャリア11年間において、’88年、’99年の2度セ・リーグ制覇を含め、8回のAクラスの成績を残す。2001年12月阪神タイガース監督に就任。03年、18年ぶりのリーグ優勝をもたらした。現在は阪神タイガース・シニアディレクター
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

hatayan

31
2002年に中日から阪神の監督に就任。暗黒のチームを建て直し就任2年目でリーグ優勝に導いた星野元監督のリーダー論。阪神が負け犬化していたのは監督やコーチの指導層に一貫性がなく選手が受け身一方になっていたためで、原因は明確で逆に対策が立てやすかった。チームの戦力を大幅に入れ替えられたのは「置いていても意味のない社員に給料を払い続けるのは会社に対する背任行為」という原則に立ち返っただけ。無駄をそぎ落としたリーダーとしての心構えは、組織で生きるビジネスパーソンの振る舞いにも応用ができるのではないかと思います。2019/10/31

Willie the Wildcat

20
熱血漢。根底は、野球への情熱。軸は”基本”。技術論、精神論、そしてリーダーシップ論。印象深いのが、「信頼感」。その中でも島野氏と伊良部氏。Mgmtと現場の右腕。一貫性があるが故の”分かり易さ”。結果、”覚悟”も共有。一方、諸監督に垣間見る”情報”の活かし方の違い。統制 vs. 自由。直接 vs. 間接。結果と共に、少なからずEntertainment性も求められるプロ野球の世界。是非はともかく、監督の個性も野球の楽しみなんでしょうね。2013/12/11

Hitoki

1
リーダー論の本として読まずに、阪神優勝の裏話的な本と思って読んだ 阪神の監督はろくな辞め方をしていない、との一節になるほどなぁと思った 星野さんの時の優勝からもう十年以上、経過したか・・・そろそろ新しい優勝を見たいものです2014/07/11

Yasuhiro

1
勝ちたいんや!勝ちたいんや!2014/01/16

おこげ

1
優勝したのは自分がすごいんじゃない,チームの危機意識が,球団だけじゃなく経営側も,みんなが一体となって優勝目指して取り組んだ結果だ,という事を言われてます。タイガースの話ですが,星野さんの仕事に対する姿勢や考え方がよく分かります。そんな体調でよく647日も頑張られましたね。すごい。こういうのを「命を削ってでも」って言うんですよね。2010/09/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/470943

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。