文春文庫<br> お料理さん、こんにちは

電子版価格
¥611
  • 電書あり

文春文庫
お料理さん、こんにちは

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 174p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167679033
  • NDC分類 596.04
  • Cコード C0195

内容説明

あの小林カツ代にも料理の新人時代はあった。生まれて初めて作った料理は、ほうれん草の油炒め。結婚して初めて作った味噌汁は大失敗。専業主婦時代に思いついた「さぼりライス」から秘伝の黒豆レシピまで、力づけられるエピソードがいっぱいの台所修業記。約三十年前に書かれた料理エッセイ、初の文庫化。

目次

料理との出会い
まんまるコロッケ
テレビに出た話
魚の煮方・焼き方
こんぶと煮干しとかつおぶし
やせたのは誰か
酒のさかなとは
チキン・シチューの歌
あっさりしたサラダたち
エプロン談義〔ほか〕

著者等紹介

小林カツ代[コバヤシカツヨ]
料理研究家・エッセイスト。大阪府生まれ。あらゆるジャンルの料理を「家庭料理」としてとらえ、テレビ・雑誌・講演などで幅広く活躍中
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ichi

23
【図書館本】小林カツ代さんの初期料理エッセイ集。初めて料理した経験のエピソード、どんどん料理に興味を持ちのめり込んでいく姿、そして手抜き簡単レシピも紹介されており参考となります。2017/03/09

奥山 有為

8
煮魚を作る時にお水の量は少なく、お魚を泳がせることはないのです!…私もやっていた失敗。もっと早く読んでいればなあ。ことばの選び方がいい感じで、たとえば章タイトルの「花とレバー」、この2つが並ぶことってなかなかないのでは。「そら豆・ベーコン・エトセトラ」に出てきた「大きな大きなパン」の絵本は「ジャイアント・ジャム・サンド」かな?エプロン付けてお料理することは滅多にないけど、つけてみたくなった。2019/07/27

mame

7
初期のエッセイ。おおらかで庶民的でカラっとしていて、楽しい。2024/01/16

り~

2
図書館本にて読了。(あれ、読メ登録しようとしたら、17年5/28に感想なしで登録してる…)この文庫が2004年、単行本は1992年発行、まえがきでカツ代サンは"33年も前、20代の時のデビュー作"とな。。いやいや、文もイラストもなんて軽やかな明るいまさに軽妙洒脱! な一冊でした。昭和の材料、お道具がそこここに見えてくるものの、当時としては"ハイカラ"なレパートリー溢れるお料理たちだなぁ、と。お料理が好き人が好き、そんなカツ代サンの魅力溢れるエッセイでした。2017/05/28

ぽにょ

0
お料理に興味が出でくる本2016/04/20

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/347443
  • ご注意事項