文春文庫<br> クライマーズ・ハイ

個数:
電子版価格
¥784
  • 電書あり

文春文庫
クライマーズ・ハイ

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2024年05月19日 19時47分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 480p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167659035
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

85年、御巣鷹山の日航機事故で運命を翻弄された地元新聞記者らの濃密な一週間。会社や親子など人間関係を鋭く描いた新境地作品。

内容説明

1985年、御巣鷹山に未曾有の航空機事故発生。衝立岩登攀を予定していた地元紙の遊軍記者、悠木和雅が全権デスクに任命される。一方、共に登る予定だった同僚は病院に搬送されていた。組織の相剋、親子の葛藤、同僚の謎めいた言葉、報道とは―。あらゆる場面で己を試され篩に掛けられる、著者渾身の傑作長編。

著者等紹介

横山秀夫[ヨコヤマヒデオ]
1957年東京生まれ。国際商科大学(現・東京国際大学)卒業後、上毛新聞社に入社。12年間の記者生活を経てフリーライターとなる。91年「ルパンの消息」が第9回サントリーミステリー大賞佳作に選ばれる。98年「陰の季節」で第5回松本清張賞を受賞。2000年「動機」で第53回日本推理作家協会賞・短編部門を受賞する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

サム・ミイラ

717
当初、日航ジャンボ機の墜落事故を検証するドキュメントと思い込みその凄惨さを想うと恐ろしく読むのを躊躇していた作品。だが実際読んでみるとこの未曾有の事故もニュースソースの一つであり、報道する側のモラルと苦悩葛藤そして使命感と信条の違いゆえ、時に激しくぶつかり合う新聞記者達の群像劇だった。しかし最終目的は同じ。より早く知らぜらる真実を伝える事。日頃から反発し合う者も次第に団結しスクープ獲得に向かう様に胸が熱くなった。魂が震えた。主人公の生き様と報道を通して人間の生と死の尊厳を問う、横山秀夫の最高傑作である。2014/12/06

HIRO1970

688
⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️横山さんはお初です。素晴らしい予想を遥かに超えたマスターピースでした。毎日の様に出会いを求めて新しい本に手を伸ばしていますが、体の芯から痺れる名作にはナカナカ出逢えません。本作では名言至言が惜しげも無く次々と出て来て長い年月をかけて著者が構想を練っていたことが解ります。一寸先が見えないのが共通点の戦後最大の事故の報道現場もクリフハングで一歩ずつ歩を進める岩壁も過去と現在のメンタルとフィジカルの限界スレスレの取捨選択をしている時にのみ意識が覚醒し安寧を感じる。ある意味ワーカホリックかな。2016/05/07

抹茶モナカ

616
登り続ける人生があっても良いではないか。中年新聞記者と日航ジャンボ墜落事故の話。人生を下りたい気分だったから、揺さぶられた。2013/08/03

yoshida

517
1985年8月12日、日航機123便が群馬県御巣鷹山に墜落。520人の犠牲者を出した史上最大の航空事故である。北関東新聞社で働く悠木は日航全権デスクに任命される。事故を中心に濃密な人間ドラマが展開される。上司、部下、同期、家族、世界的なスクープ等をめぐり物語は進む。過去の栄光から離れない上司、突き上げる部下。悠木と私の年代が近いので読んでいて熱くなる。「下りるために登る」倒れた安西の言葉の深い意味を知る。望月彩子の投書をめぐるやり取りで自然に涙が出る。濃厚な内容ながらスピード感を持って読める傑作。2015/03/01

どんちん

506
予備知識なく読んだので、あれ?これは警察モノではない?!で、出だしからペースをつかめず、なかなか進まなかった。が、尻上がりにピッチが上がり後半はまさに一気読みであった。それだけ社内の人間模様、悠木親子の距離感、事件事故をとりまく新聞社のスタンス等を今とその時と時間軸を交えながら展開していくストーリーにガッツリ引きこまれてしまった。その先も正直気になるところではあるが、悠木親子に同僚の子が加わり新たな親子関係が生まれるであろうから、現時点では人間関係については、みな丸く治まり良好なエンディングであったかな。2013/12/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/578280
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。