文春文庫<br> 柔らかな頬〈上〉

個数:
電子版価格
¥740
  • 電書あり

文春文庫
柔らかな頬〈上〉

  • ウェブストアに4冊在庫がございます。(2024年06月24日 21時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 358p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167602062
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

カスミは、故郷・北海道を捨てた。が、皮肉にも、北海道で幼い娘が謎の失踪を遂げる。罪悪感に苦しむカスミ。実は、夫の友人・石山に招かれた別荘で、カスミと石山は家族の目を盗み、逢引きを重ねていたのだ。カスミは一人、娘を探し続ける。4年後、元刑事の内海が再捜査を申し出るまでは。話題の直木賞受賞作ついに文庫化。

著者等紹介

桐野夏生[キリノナツオ]
昭和26(1951)年、金沢生れ。成蹊大学法学部卒。会社員を経て、平成5年、女探偵村野ミロが主人公の「顔に降りかかる雨」で第39回江戸川乱歩賞受賞。平成11年、「柔らかな頬」で直木賞、平成15年、「グロテスク」で泉鏡花文学賞、平成16年、「残虐記」で柴田錬三郎賞受賞。平成10年に日本推理作家協会賞を受賞した「OUT」で、平成16年エドガー賞(Mystery Writers of America主催)の候補となった
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

448
カスミは登場の時から薄幸と漂泊の影が付きまとう。捨てたはずの北海道に舞い戻ってしまう宿命もまたカスミの属性だ。そして、彼女はここではない何処かへの脱出を希求し続ける。しかし、長女の有香の失踪がすべてを変容させるのである。石山との非日常の不倫の恋も、森脇との堅実な(そして退屈な)結婚生活も。ここからカスミの漂流が始まるのだが、それは石山にとっても典子にとっても森脇にとっても予期せぬ漂流であった。桐野夏生のストーリー・テリングは息もつかせない巧みさである。サスペンスの与え方も実にうまい。期待を高めつつ下巻へ。2017/06/25

kaizen@名古屋de朝活読書会

211
直木賞】石山とカスミ。上だけ読んだ段階では、納得感はない。後ろめたい思いを、重苦しく書くのでは無く、さりげなく書いているようにも見える。なんとか読み進み中。人間の弱さ、ずるさの均衡をどこで図ろうとしているのだろう。著者の思いは下に進まないとわからないのかも。2014/01/26

yoshida

204
故郷の北海道を捨て東京に出たカスミ。不倫相手が購入した北海道の別荘を訪れる両家族。逢瀬のなかカスミの娘が姿を消す。4年の月日が流れ、関わった家族は壊れる。カスミは不倫が露見し帰る家と家族を失う。不倫相手も離婚し事業に失敗し若い女性のヒモとなる。流れる息苦しさと喪失感。カスミの薄幸さ。彼等と私の年齢が近く、私自身の境遇と重ね、再び人生をやり直せるとしたら、どうするかと自問する。実際にやり直すことは出来ないので今をどう生きるかが課題なのだが。読む年代で印象が大きく変わる作品だと思う。内海の登場で下巻が楽しみ。2018/10/14

ehirano1

191
これはのっけから読ませます。ページを捲るのが止まりません。不穏という意味では奥田英朗の「無理」や「邪魔」を思い出しますが、実は何よりカスミという人物を通して垣間見る哲学的箇所がすごく楽しいです。2018/03/17

あすなろ

131
留萌からの脱出。何処へ行くのか?漂流するのである。しかし、どれだけの男と結ばれ、子供が出来ても、相手を許すとか、相手に許されるという発想がカスミにはなく、その相手は自分だけなのである。そんな状況の逢瀬の刹那、子供を忘れても良いとカスミは思う。そしてそれは現実に!これも読んでみたかった桐野氏の直木受賞作。危うい転落を漂流しながら描く。そのまま下巻に突入したのであった。2018/01/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/576242
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。