文春文庫<br> タイニーストーリーズ

個数:
電子版価格 ¥597
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
タイニーストーリーズ

  • 山田 詠美【著】
  • 価格 ¥597(本体¥543)
  • 文藝春秋(2013/04発売)
  • 読書週間ポイント2倍キャンペーン(~11/9まで)
  • ポイント 10pt
  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2021年10月28日 10時56分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 348p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167558086
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

当代随一の書き手による、余りにも贅沢な短篇集。20余篇の恋愛にまつわる話の中から、あなたの恋にぴったりの1篇が見つかるはず。

内容説明

当代随一の書き手がおくる、宝石箱のような短編小説集。アメリカ人兵士との恋愛を描く「GIと遊んだ話」から、街に立つ電信柱がその心情を語る「電信柱さん」まで21種のまったく異なる感情の揺らめきが、それぞれにまばゆい光を放ちます。ささやかなのに心をとらえて離さない、極上の物語たちをご堪能ください。

著者等紹介

山田詠美[ヤマダエイミ]
1959年、東京生まれ。黒人の男との愛と破局を描いた「ベッドタイムアイズ」(文藝賞受賞)で衝撃的デビュー。87年、『ソウル・ミュージック・ラバーズ・オンリー』で第97回直木賞、89年、『風葬の教室』で平林たい子賞、91年、『トラッシュ』で女流文学賞、96年、『アニマル・ロジック』で泉鏡花文学賞、2001年、『A2Z』で読売文学賞、05年、『風味絶佳』で谷崎潤一郎賞、12年『ジェントルマン』で野間文芸賞を受賞(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

巨峰

69
丁寧に書かれた質の高い短編集だとは思うのだけど、どこか狙いすぎで、テーマ的にも的が絞られておらず、取っ散らかった印象を受けた。特筆すべきは「GIと遊んだはなし」という短編が5作納めてあるんだけど、タイトルの露悪さとは違って、至極真っ当な恋愛小説であり、男女関係小説だった。読み進めているうちに、外国人男性と付き合っている日本人女性に対してもっていたある種の偏見を洗い流してくれた気がした。そういうのって気づかずに持っているものですね。2017/07/23

Take@磨穿鉄靴

57
山田詠美氏の21篇の短編集。正直あまり期待していなかったけど楽しめた。取り立てて何が良かったと問われたら直ぐに言葉が出てこないけどそれは読む側の語彙の貧困さ故。不意に短編同士が隣と繋がってたりして短い話に厚みを持たせたりもした。空いた時間にふんわりしたい時におすすめしたい。★★★☆☆2019/03/11

Kenichi Yanagisawa

57
初、山田詠美さんでしたが、ちょっと合わなかったかも。水彩画よりも油絵のような濃さ、匂い、奥深さが感じられて、作品としては良いんでしょうけど、根底に流れる世の中を斜めに構えている感じがひしひしと感じられて、、、、。うーん。他の作品は違うのかな?2013/04/21

絹恵

41
長い長い方程式を完成させるために結ばせるイコールの物語は、解答者には古い記憶を、当事者には新風を吹き込むものでした。でも方程式を完成させないことに永遠をみるか、完全解に完璧な一瞬をみるか、そんな甘味を残すように敢えて答えを残すやり方が、関係性に意味を求めすぎた時、未解決に意味を与えるのだと思います。2014/10/07

優希

40
山田詠美さんに抱いている勝手なイメージからずっと倦厭していましたが、この作品は良かったです。本当に短い物語がギュッと詰まっているのですが、それぞれが異なる色彩を持ち、輝いているように見えました。繊細な感情が心にすんなり入ってきて、凄く引き込まれます。極上のフルコースを目の前にしているようでした。ストンと堕ちる話から、何とも言えない余韻の残る話まで、収録作品は変化自在です。共通して感じるのは鋭い切れ味ですが、刺さっても痛みというより重いものが響く感じです。ドロリとした世界に浸る快感を感じました。2014/04/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/6456643

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。