文春文庫<br> 文福茶釜

個数:
電子版価格 ¥540
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

文春文庫
文福茶釜

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 05時43分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 264p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784167447069
  • NDC分類 913.6

内容説明

古美術でひと儲けをたくらむ男たちの騙しあいに容赦はない。入札目録の図版さしかえ、水墨画を薄く剥いで二枚にする相剥本、ブロンズ彫像の分割線のチェック、あらゆる手段を用いて贋作づくりに励む男たちの姿は、ある種感動的ともいえる。はたして「茶釜」に狸の足は生えるのか?古美術ミステリーの傑作。

著者紹介

黒川博行[クロカワヒロユキ]
1949(昭24)年愛媛県生まれ。京都市立芸術大学を卒業後、高校で美術を教え、86年『キャッツアイころがった』で、第4回サントリーミステリー大賞を受賞、作家活動に入る。96年に『カウント・プラン』で第49回日本推理作家協会賞受賞。大阪を舞台に、軽妙な語り口の中にも、産廃問題や北朝鮮関連の社会的テーマを取り込んだハードボイルド・ミステリーに独自の世界を持つ