文春文庫<br> 竜馬がゆく〈3〉 (新装版)

個数:
電子版価格
¥800
  • 電書あり

文春文庫
竜馬がゆく〈3〉 (新装版)

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月27日 18時51分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 430p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784167105693
  • Cコード C0193

出版社内容情報

青春小説の名作が読みやすくなって再登場。前半は、奥手だった幼年期から、剣術修行、脱藩、勝海舟との出会いと海軍塾設立までを描く

内容説明

浪人となった竜馬は、幕府の要職にある勝海舟と運命的な出会いをする。勝との触れ合いによって、かれはどの勤王の志士ともちがう独自の道を歩き始めた。生麦事件など攘夷熱の高まる中で、竜馬は逆に日本は開国して、海外と交易しなければならない、とひそかに考える。そのためにこそ幕府を倒さなければならないのだ、とも。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

再び読書

164
勝海舟との師であり、精神的な同胞である結びつきに運命的なものを感じる。お互い同時代に理解者がいない中、この二人がいなければ、もっと多くの無辜の血が流れたかも知れない。政治家に爪の垢でも飲ませたい心意気の二人だと思う。

mura_海竜

161
知っている名前がドンドン出てきて面白い。藩の人でなく「日本人」って、今だと日本だけじゃなくてアジアのこと地球のことを考えている人なんですかね。途方もなく大きいけど、竜馬の時代、日本全体もそれくらい大きい存在だった気がする。物理的にも文化的にも隔たりが‥‥。2011/11/02

金吾

124
◎脱藩後、竜馬が精力的に活動しています。この本を読んで特に感じるのは人間は引き立ててくれる人がいる場合、大きく前進できる可能性がはるかに高まるということです。竜馬の場合も勝海舟や千葉家の人達、松平春嶽がいます。そのためには実力と魅力と運がいるのかなと思いました。2020/08/06

HIRO1970

118
☆☆☆2008/07/03

ゴンゾウ@新潮部

115
徐々に竜馬が動き出す。恩師勝海舟との出会い。勝海舟との出会いにより独自の攘夷論を抱くようになる。開国により国力をつけ外敵から自国を守る。 そしておりょうさんとの出会い、初々しい。2018/01/04

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/579752
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。