文春新書<br> 水害列島

個数:
電子版価格 ¥880
  • 電書あり

文春新書
水害列島

  • ウェブストアに6冊在庫がございます。(2019年09月22日 17時06分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 255p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166612277
  • NDC分類 369.33
  • Cコード C0295

内容説明

豪雨、台風、地震洪水、大水害への備えと最善の避難策とは!?土木・災害の専門家による警告の書。

目次

第1章 なぜ大水害は起こるのか
第2章 西日本豪雨の教訓
第3章 防災という罠
第4章 ゼロメートル地帯江戸川区のハザードマップ作り
第5章 マニュアルの充実は防災力を脆弱にする
第6章 首都直下地震により発生する「地震洪水」
第7章 大水害にどう立ち向かえばいいのか?
第8章 見えない津波防潮堤を実現した女川町
第9章 たゆまず続けられてきたゼロメートル地帯の「命山」建設
第10章 先人の知恵に学ぶ

著者等紹介

土屋信行[ツチヤノブユキ]
工学博士。1975年東京都入都、道路、橋梁、下水道、まちづくり、河川事業に従事。東日本大震災の復興では、まちづくりの学識経験者委員として、宮城県女川町のまちづくりに取り組んでいる。現在、公益財団法人リバーフロント研究所技術参与、一般社団法人全日本土地区画整理士会理事、JRRN(日本河川・流域再生ネットワーク)代表理事、公益社団法人土木学会首都圏低平地災害防災検討会座長、水の安全保障戦略機構・水害BCP推進チーム事務局長、ものつくり大学講師(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件