文春新書<br> 元号―年号から読み解く日本史

個数:
電子版価格 ¥1,000
  • 電書あり

文春新書
元号―年号から読み解く日本史

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

  • サイズ 新書判/ページ数 352p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166611560
  • NDC分類 210.02
  • Cコード C0295

内容説明

「平成」の次の元号は何になるのか?二〇一九年五月の「代替わり」で、日本人のすべてが大きな変化に直面する。年号・天皇研究の第一人者が、その千数百年に及ぶ、日本の歴史とのかかわり、元号決定のメカニズムなどをわかりやすく解き明かした決定版!

目次

第1章 漢字文化圏の暦と年号
第2章 律令国家の成立と年号
第3章 平安朝史の展開と年号
第4章 中世に揺れ動いた年号
第5章 近世にも生き続けた年号
第6章 近代に確立した「一世一元」
第7章 戦後史上の「元号問題」
第8章 「平成」の改元と次の元号

著者等紹介

所功[トコロイサオ]
昭和16年(1941)岐阜県生まれ。京都産業大学名誉教授・モラロジー研究所研究主幹。法学博士(慶応大学、日本法制文化史)

久禮旦雄[クレアサオ]
昭和57年(1982)大阪府生まれ。モラロジー研究所研究員(平成30年4月から京都産業大学准教授)。博士(法学、京都大学、日本古代法制史)

吉野健一[ヨシノケンイチ]
昭和59年(1984)東京都生まれ。京都府立丹後郷土資料館学芸員。京都大学大学院文学研究科修士課程修了(日本近世政治文化史)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

出版社内容情報

一年後に迫った「代替わり」。元号・皇室研究の権威が改元のプロセス、天皇との関係、歴史などをわかりやすく明かす決定版! 2019年5月1日、今上陛下の「生前退位」が決定し、年内にも新元号(歴史的には「年号」が正しい)が発表される見通しです。

しかし、そもそも元号とは、どのように決まるものなのでしょうか?

元号・皇室研究の第一人者である所功先生が、新書の読者に、その歴史から現在、そして今回の決定の予想されるプロセスまで、わかりやすく解説した決定版が本書です。

元号の歴史は、驚きに満ち溢れています。とくに、ひとつの元号が何度も候補になっては消え、候補になっては消えて、最終的にやっと採用されるなど、ひとつひとつの元号のドラマがあることもわかります。

たとえば、「平成」は幕末にも候補に挙がっていました。また、「明治」は十回目、「大正」は五回目でやっと採用されています。

さらに、天皇と元号の関係、藤原道長、足利義満、織田信長、徳川家康ら、時の権力者と元号のかかわりなどは、歴史のダイナミズムをよく表しています。

さらに、かつては震災、大火、戦乱なども理由として改元が行われたため、元号そのものが「歴史の節目」となっているのです。

昭和から平成への「元号決定」のドラマや、「安延」から「和暦」まで、歴代の「未採用年号」一覧も付けた、まさに決定版ならではの内容をお楽しみください。

所 功[トコロ イサオ]
著・文・その他

久禮 旦雄[クレ アサオ]
著・文・その他

吉野 健一[ヨシノ ケンイチ]
著・文・その他

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件