文春新書<br> 新約聖書〈2〉

個数:
電子版価格
¥815
  • 電書あり

文春新書
新約聖書〈2〉

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年05月27日 17時54分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 新書判/ページ数 432p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166607822
  • NDC分類 193.5
  • Cコード C0216

出版社内容情報

2巻では、現在の世界の混迷を予言したかのような「ヨハネの黙示録」までを収録。人類最大の物語を佐藤優氏のナビゲートで読み解く。

内容説明

イエスの死後、キリスト教はいかにして広まったか。回心したパウロの役割は。黙示録に著された国家の恐るべき姿とは。今を生きるわれわれにとって尽きせぬヒントが、聖書には書かれている。

目次

教祖イエスと開祖パウロの物語―序文にかえて
反知性主義の宗教としてのキリスト教―「使徒言行録」案内
使徒言行録
「わたしの肉には、善が住んでいない」―「書簡集」案内
書簡集
二つの怪物、それは国家―「ヨハネの黙示録」案内
ヨハネの黙示録
わたしは如何にしてキリスト教徒になったか―私の聖書論2
もっとキリスト教を知りたい人のために―あとがき

著者等紹介

佐藤優[サトウマサル]
1960年東京都生まれ。作家・元外務省主任分析官。同志社大学大学院神学研究科修了。著書に『国家の罠』(新潮社、毎日出版文化賞特別賞)、『自壊する帝国』(新潮社、新潮ドキュメント賞と大宅壮一ノンフィクション賞)(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

gonta19

72
2010/11/27 メトロ書店御影クラッセ店にて購入。 2015/7/13〜7/27 佐藤優氏の新約聖書シリーズ第二弾。使徒言行録、書簡集、ヨハネの黙示録が収められている。有名なヨハネの黙示録を初めてちゃんと読んだが、聖書全体通じてそうだが、非常に難解。佐藤氏も最後に書いているように、そこがキリスト教の強みなんだろう。キリスト教社会の根底を知る、という当初の目的が達成されたかどうかは疑わしいが、兎に角聖書を通しで読めたことは良い経験であった。2015/07/27

Vakira

25
パウロさん これは読んで良かった。Ⅰでマタイ、ヨハネ、マルコ、ルカの福音書を読みましたが、ここではキリストの神としての機能、行動として神の奇跡を讃える場面が多く、教えとしての考えが心に響かなかった。しかし、パウロさん凄い。多分パウロさんがいなかったらキリスト教は普及しなかったと思うよ。パウロさんの使徒言行録、書簡集、教えとして判りやすいし、考え方も理解し易い。まずユダヤ教からの解放、神はユダヤ人だけでなく、信仰する者全て救済する。そして律法も割礼もいらない。神を信じれば自由であり、救済される。2015/09/10

RIN

10
福音書と違い、2巻はイエス・キリストが天に昇った後の記録。使徒言行録と書簡集はキリスト教を開いたパウロの信仰と苦難の歴史であり、各人が神と向き合う心構えでもある。対してヨハネの黙示録は短いながらも解説無しでは理解しがたい。私はキリスト教の諸教派も、聖書が現在どの様な解釈でどの様に伝えられているのかも知らない異邦人だ。パウロは書簡の中で『できれば、せめてあなたがたは、すべての人と平和に暮らしなさい』と綴っている。神を迷わず信じるのは難しい。けれど彼の想いは、時代も宗教も国も全て超える価値があると思っている。2022/04/21

shimashimaon

4
初めて新約聖書を通読しました。ユダヤ教徒であったサウロがキリスト教徒パウロに変わる辺りは興味深いですが、キリスト教徒としての信仰と行動を説くその内容は教科書を読むようです。本書I巻「福音書」は面白いと思いましたが、「書簡集」等で強調される終末論は素直に受け入れられませんでした。三浦清美『ロシアの思考回路』や本書でも言及されるチェルノブイリの意味を知って、終末論を考えることは一つのテーマです。完全他力本願、人間が作ったものを崇拝してはならないという思想は魅力的に感じます。これからもキリスト教を学びたいです。2022/12/03

Viola

4
改めて、パウロの力強さと賢さを実感、実際に生きた人としての人間性に触れました。通読してみると、パウロの心の中が垣間見えたり、連絡事項が生々しかったりして読みやすかったです。いくら聖霊によって改心したとはいえ、イエスに会ったこともないパウロがここまで熱い伝道者になるとは。伝道の仕方も頭脳的計画的で、ローマの市民権を取ってローマ寄りを示し、神殿に入り込んでユダヤ教の儀礼を守りながら伝道していく、という緻密さが今日のキリスト教につながったと思うと貢献度は弟子以上です。佐藤氏の黙示録の解説も面白かった。2017/04/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/867132
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。