文春新書<br> わたし、ガンです ある精神科医の耐病記

  • ポイントキャンペーン

文春新書
わたし、ガンです ある精神科医の耐病記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 新書判/ページ数 198p/高さ 18cm
  • 商品コード 9784166601646
  • NDC分類 494.5
  • Cコード C0247

内容説明

精神科医にして新聞の人生相談で人気の著者が、五十二歳で直腸ガンになった体験記。初期症状から検査・手術・抗ガン剤治療などを詳細にレポートし、そこで見えてきた諸相を本音で分析する。病院は医者のためにある、手術は必要悪、インフォームド・コンセントの功罪、民間療法や健康法の意味、予防の限界などをドライに見つめた最後に、近づく死を覚悟したときの精神世界を描く。

目次

1 ことのおこり
2 退院して
3 医療する側・される側
4 ガンをめぐって
5 治るのか治らないのか
6 寸詰まりの余生

著者等紹介

頼藤和寛[ヨリフジカズヒロ]
1947年大阪市生まれ。大阪大学医学部卒業。麻酔科、外科を経て精神科へ。浅香山病院、大阪大学病院勤務の後、大阪府中央児童相談所主幹。’97年より神戸女学院大学人間科学部教授。産経新聞の連載「人生応援団」の回答者
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。