安倍官邸vs.NHK―森友事件をスクープした私が辞めた理由

個数:
  • ポイントキャンペーン

安倍官邸vs.NHK―森友事件をスクープした私が辞めた理由

  • 相澤 冬樹【著】
  • 価格 ¥1,650(本体¥1,500)
  • 文藝春秋(2018/12発売)
  • 【ウェブストア限定】夏だね!ポイント5倍キャンペーン 対象商品(~7/15)※店舗受取は対象外
  • ポイント 75pt
  • 提携先に在庫がございます【僅少】
    通常、5~7日程度で出荷されます。
    ※納期遅延や、在庫切れで解約させていただく場合もございます。
    (※複数冊ご注文はお取り寄せとなります)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    通常、5~7日程度で出荷されます。

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫状況は刻々と変化しており、ご注文手続き中やご注文後に在庫切れとなることがございます。
    ◆出荷予定日は確定ではなく、表示よりも出荷が遅れる場合が一部にございます。
    ◆複数冊をご注文の場合には全冊がお取り寄せとなります。お取り寄せの場合の納期や入手可否についてはこちらをご参照ください。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 304p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163909578
  • NDC分類 373.2
  • Cコード C0095

出版社内容情報

今なお燻る森友学園疑惑。その報道の最前線で活躍したNHKのエース記者が退職した。何があったのか? 渾身のノンフィクション。なぜ放送されないんだ!



政権を揺るがす「森友事件」の報道の最前線で活躍したNHKのエース記者が突如退職した。何があったのか?



著者は「森友事件」の発覚当初から事件を追い続けたNHK大阪放送局の司法担当キャップだった。次々に特ダネをつかむも、書いた原稿は「安倍官邸とのつながり」を薄めるように書き換えられていく。NHKでも検察でも東京vs.大阪のせめぎ合いが続く中、ついに著者は記者職からの異動を命じられた。記者であり続けるために職を辞した著者が、事件の核心、取材の裏側、そして歪められる報道の現在を赤裸々に明かす、渾身のノンフィクション。



はじめに

第1章森友報道は「忖度」で始まった

第2章一転して大報道合戦?小学校認可の行方?

第3章クロ現製作ですったもんだ?けんかの末に仲間に?

第4章注目を集めた籠池理事長夫妻の人物像

第5章国有地問題から補助金詐欺へ?焦点を移す検察の捜査?

第6章背任の実態に迫る特ダネに報道局長激怒

第7章籠池前理事長逮捕の舞台裏

第8章取材体制変更で担当を外された私

第9章森友事件追及弁護団(仮称・阪口弁護団)の活躍

第10章 近畿財務局職員の自殺が残した謎

第11章「口裏合わせ」の特ダネに圧力再び?プロの記者はこうして取材する?

第12章 強者記者列伝?5本の指に入る記者+と、もう一人の優れもの記者?

第13章 個性豊かな検事たちとの愉快なやり取り

第14章 急転直下の検察捜査、財務省は全員不起訴 ?そして私は記者を外された?

終章 NHKから大阪日日新聞へ?森友事件の取材は続く?



あとがき

相澤 冬樹[アイザワフユキ]
著・文・その他

内容説明

「森友事件」の原稿から、消される「安倍官邸とのつながり」。NHKでも検察でも東京vs.大阪のせめぎ合いが続く中、特ダネをつかんだ記者が異動を命じられた!政権を揺るがす疑惑と巨大組織内に強まる圧力―その狭間で最後まで戦い続けた男の渾身のノンフィクション。

目次

森友報道は「忖度」で始まった
一転して大報道合戦―小学校認可の行方
クロ現制作ですったもんだ―けんかの末に仲間に
注目を集めた籠池理事長夫妻の人物像
国有地問題から補助金詐欺へ―焦点を移す検察の捜査
背任の実態に迫る特ダネに報道局長激怒
籠池前理事長逮捕の舞台裏
取材体制変更で担当を外された私
森友事件追及弁護団(仮称・阪口弁護団)の活躍
近畿財務局職員の自殺が残した謎
「口裏合わせ」の特ダネに圧力再び―プロの記者はこうして取材する強者記者列伝―5本の指に入る記者と、もう一人の優れもの記者個性豊かな検事たちとの愉快なやり取り急転直下の検察捜査、財務省は全員不起訴―そして私は記者を外されたNHKから大阪日日新聞へ―森友事件の取材は続く

著者等紹介

相澤冬樹[アイザワフユキ]
大阪日日新聞(新日本海新聞社)論説委員・記者。1962年宮崎県生まれ。ラ・サール高校、東京大学法学部卒業。1987年NHKに記者職で入局。山口放送局、神戸放送局、東京報道局社会部記者、徳島放送局ニュースデスク、大阪放送局(大阪府警キャップ)、BSニュース制作担当などを経て、2012年大阪放送局に戻り、2016年司法キャップとなる。2018年8月NHKを退職し、同9月から大阪日日新聞へ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

starbro

199
発売直ぐに予約したにも関わらず、忖度のせいか、ようやく読めました。新鮮な情報はありませんでしたが、報道記者のリアルを興味深く読みました。私の高校の大先輩Oキャスターも安倍総理に睨まれ、左遷されました。いずれにしても政治家がメディアを歪めてはいけません。2019/04/19

AICHAN

77
図書館本。昨年3月に予約してようやく手に取った。森友学園問題を最初に取り上げたのはNHK大阪の著者だった。森友学園の新小学校建設に関して不当に安い値段で国有地が払い下げられた疑いがあり安倍明恵の関与を匂わすニュースだった。しかしNHK大阪のデスクは安倍昭恵の扱いを小さくした。その後も著者は森友問題を取材していくが、NHKは人事異動で著者を記者から外した。安倍政権べったりのNHKの忖度からの人事だった。著者は新たな記者人生を送るためNHKを退職する。安倍政権は権力を持ちすぎている。2020/02/10

R

65
森友事件をどのように調べていたか、どこまでわかっていて、何を伝えようとしていたかを解説しながら、記者とは、取材とは、交渉とはどういうものか教えてくれるような本でした。非常に面白くて、言質を取るということは、こういう会話によって行われるのかと、その思考方法とやりとりとが興味深くて、目を啓かされるようでした。政治めいた内容は、そういうものなのか、続報を待たなくてはならなく、もっぱら取材がどう行われているかの解説が重要で、ニュースの信頼性について考えさせられました。報道って面白い。2019/03/09

つきかげ🌙

63
大阪NHKで森友事件をおい、その後記者をやめさせられた筆者。転職して引き続き事件を追う。昔ながらの熱血取材姿勢に、NHK上層部が反応してしまったのか。タイトルは「安倍官邸に忖度するNHK vs 熱血記者」の方がしっくりくるかもしれない。 NHKの内部情報の暴露はどうかと思うが、それだけ怒りが激しかったのだろう。2019/07/06

テクパパザンビア

62
面白かった。天下のNHKのニュースも安倍官邸には忖度するのか…残念です。森友、加計、桜を見る会とか安倍さんやるよね〜トランプより金正恩よりリーダシップがあるかもねー。在職歴代最高になったからそろそろお辞めになられたら如何ですか。2019/11/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/13339709
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。