難破する精神―世界はなぜ反動化するのか

個数:

難破する精神―世界はなぜ反動化するのか

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2017年09月25日 15時13分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 215p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784757143494
  • NDC分類 311.2
  • Cコード C0031

内容説明

“人々はなにに怒り、なにを恐れているのか!?”トランプ現象、Brexitから、イスラーム国まで全世界を席巻する「反動思想」の源泉に迫る。

目次

はじめに 難破する精神
第1部 反動の思想家たち(フランツ・ローゼンツヴァィク―宗教を求める戦い;エリック・フェーゲリン―内なる世界の終わり;レオ・シュトラウス―アテネとシカゴ)
第2部 反動思想の潮流(ルターからウォルマートへ―「選択しなかった道」という誘惑;毛沢東から聖パウロへ―あるフランス左翼の転向)
第3部 反動による出来事(シャルリー・エブド襲撃事件の余白に―パリ、二〇一五年一月)
おわりに 騎士道精神とカリフ制

著者紹介

リラ,マーク[リラ,マーク] [Lilla,Mark]
コロンビア大学教授。1956年、ミシガン州デトロイト生まれ。ネオコン系の『パブリック・インタレスト』誌、元編集委員。専門は政治哲学、政治神学。哲学あるいは宗教と政治権力の行使の関係を大きなテーマとして研究している

会田弘継[アイダヒロツグ]
ジャーナリスト、青山学院大学教授。1951年、埼玉県生まれ。共同通信社ジュネーヴ支局長、ワシントン支局長、論説委員長などを経て、現職。アメリカと日本の保守思想や反動思想を大きなテーマとしている

山本久美子[ヤマモトクミコ]
翻訳家。1960年生まれ。ロンドン大学アジアアフリカ研究院博士課程修了(PhD)、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻(表象文化論コース)博士課程中退。東京大学特任准教授を経て翻訳家に(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)