メイキング・オブ・勉強の哲学

個数:

メイキング・オブ・勉強の哲学

  • ウェブストアに3冊在庫がございます。(2022年07月07日 21時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B6判/ページ数 208p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784163907871
  • NDC分類 002.04
  • Cコード C0095

出版社内容情報

『勉強の哲学』の実践編。東大駒場での熱血授業、「メイキング・オブ・勉強の哲学」、書くことの方法論をめぐる語り下ろしを収録。

内容説明

勉強とは作ることだ。ロングセラー『勉強の哲学』はいかに作られたのか?メイキングの過程と創作ノートを一挙公開。書いて考える、考えを作る、その新しい方法論を語る!

目次

第1章 なぜ勉強を語るのか 東大駒場講演(なぜ勉強を語るのか;東大入学から出版まで ほか)
第2章 メイキング・オブ・勉強の哲学(書き方を発明しながら書く;ツイッターはアイデアの宝庫 ほか)
第3章 別のエコノミーへ(美術から美術批評へ、そして哲学へ;「概念のコレクション」はゲーム的に楽しい ほか)
第4章 欠如のページをめくること(不安とツール;「欠如の区切り」をプラスする ほか)

著者等紹介

千葉雅也[チバマサヤ]
1978年栃木県生まれ。東京大学教養学部卒業。パリ第10大学および高等師範学校を経て、東京大学大学院総合文化研究科超域文化科学専攻表象文化論コース博士課程修了。博士(学術)。哲学/表象文化論を専攻。フランス現代思想の研究と、美術・文学・ファッションなどの批評を連関させて行う。現在は、立命館大学大学院先端総合学術研究科准教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

シッダ@涅槃

39
思考を整理するときのアナログ・ノート(A4の紙の大学ノート)の走り書きがある意味学者らしくエレガントだ。自分も思考メモやったことがあるが、50ページほど溜まったものは“狂人のメモ”であった。。これでは発狂が疑われかねないと捨てました。情けない(´・ω・`)2018/03/17

ころこ

25
著者が自ら言及しているように、「勉強の哲学」は擬態されています。多くの読者がそれに気づかず読んでいるわけですが、ふたたび読み直す上で発見した、後記のような存在が本書です。その上で、これから「勉強の哲学」を再読するにあたり、テーマにしたいのは以下の3つです。①勉強するとは何かに詳しくなり、詳しくなったことを加味した言動は周囲からキモく思われる。勉強の権威のためノリが悪い程度で済んでいるが、勉強の成果は関係ないひとからみればまさにオタク趣味といえます。オタクをテーマとした本といえば「動物化するポストモダン」で2018/02/05

またの名

16
カードゲームのように概念を収集し、それに飽き足らず自分でオリジナルカードを作った幼少期を反復して概念を創造したい欲望が出てきたと語る哲学者。「死とは」「生きるとは」等の如何にも哲学らしい疑問に駆動されてなければダメとの価値観には耐え難い自己啓発的軽さながら、実用的にも使えるしハイデガーの向こうを張るドゥルーズ・ラカン的(反)実存主義にもなってる自著を、語り直す。個々の専門に閉じない独自のメタゲームの話は、領域横断時代の学問観。ヘーゲル的かつヘーゲル的じゃないという評価が確かに著者の仕事を言い当てている。2018/07/04

Riopapa

14
一冊の本を書くということがどういうことか。文学部出身なのに文学部のありがたさが分かっていなかった自分を恥じる。ちゃんと勉強してなかったからな。2019/09/23

おっとー

10
『勉強の哲学』に関連する講演、対談、ノートを集約し、一冊の本の生成過程をまた本にするという斬新な試み。手書きノート、Evernote、Workflowyを組み合わせ、ひたすら自己にツッコミをいれ、アウトプットし続ける姿が印象的だ。書くことは準―他者化すること、仮固定すること、欠如を認識してそれを埋めること。勉強とは他者に課される義務なのではなく、自らの欲望を広げていくこと。狭い視野で分かったつもりになるのでもなく、広い裾野に絶望するのでもなく、ほどよい欠如を保って変化を続けていくことが重要なのだ。2018/06/10

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/12544470

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。