日本とインド いま結ばれる民主主義国家―中国「封じ込め」は可能か

個数:
  • ポイントキャンペーン

日本とインド いま結ばれる民主主義国家―中国「封じ込め」は可能か

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月04日 13時03分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 332p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163752709
  • NDC分類 319.102

内容説明

日露戦争・大東亜戦争・東京裁判に関して日米・日中間にはありえない「歴史観の共有」が日印にはある。だからこそ両国で未来を切り拓こう。インドで櫻井よしこが訴える。

目次

序論 対中国「大戦略」構築のために
第1部 日印関係の過去・現在・未来を洞察する(歴史的絆から戦略的グローバル・パートナーシップへ;中国「封じ込め」は可能か―9条改正のすすめ;中国軍拡止まず インド洋・南シナ海浪高し;インドから見た「中国の脅威」とは;武器輸出三原則緩和による日印戦略関係の強化を;中国に対しては「結束し抑え込む」しか道はない;印日が手を組めば中国に勝てる;インドへの進出で中国に立ち遅れる日本)
第2部 インドで考え、訴え、話し合ったこと(海で出会う二つの民主主義国家;アントニー国防大臣との対話;海洋安全保障で日本との協力を;国基研&インド世界問題評議会共催セミナー)
第3部 インド洋の覇権争い―21世紀の大戦略と日米同盟(日米安保改定50周年シンポジウム)

著者紹介

櫻井よしこ[サクライヨシコ]
ハワイ州立大学歴史学部卒業。「クリスチャン・サイエンス・モニター」記者、日本テレビニュースキャスターを経て、現在フリーランスのジャーナリスト。『エイズ犯罪血友病患者の悲劇』で大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。そのほかに菊池寛賞を受賞。2007年12月に「国家基本問題研究所」を設立し理事長に就任(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

歴史的にも友好関係を維持してきた日本とインド。新たなる対中「同盟」関係構築のために櫻井よしこがインドに乗り込み訴えたこととは?