ディープ・スロート―大統領を葬った男

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 253p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163675800
  • NDC分類 936
  • Cコード C0098

内容説明

ニクソン大統領を辞任に追い込んだ「ウォーターゲート事件」から33年。新米記者ボブ・ウッドワードに地下駐車場で極秘情報をリークしていた人物が名乗りを上げた。当時のFBI副長官マーク・フェルトだった。フェルトが死ぬまで秘密を守り抜く覚悟でいたウッドワードが、その告白を受けて初めて明かす、フェルトとの出会い、情報源秘匿のエピソード、その後の二人の関係…。

著者紹介

ウッドワード,ボブ[ウッドワード,ボブ][Woodward,Bob]
1943年生まれ。イェール大学卒業。「ワシントン・ポスト」の新米記者時代の1972年に、同僚のカール・バーンスタインとウォーターゲート事件を精力的に取材し、時のアメリカ大統領ニクソンを辞任に追い込んだ。一連の取材方法は「調査報道」の基礎を打ち立てたといわれている。現在は編集局次長

伏見威蕃[フシミイワン]
1951年、東京生まれ。早稲田大学商学部卒業(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

「ウォーターゲート事件」から30年。ニクソン大統領を辞任に追いやったスクープの陰にいた伝説の極秘情報源。30年の時を経て明かされるサスペンスあふれる大統領の陰謀。いまや「政府高官が最も取材を受けたい記者」となった著者の、新米記者時代の煩悶も窺える渾身のドキュメント。