親と子の大学受験ガイド

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ A5判/ページ数 269p/高さ 21cm
  • 商品コード 9784163670904
  • NDC分類 376.8
  • Cコード C0095

内容説明

コンピュータサイエンス学部、ソーシャルワーク学部、リハビリテーション学部、ヒューマンケア学部。これらの学部はなぜ必要とされるのでしょうか。なにを勉強し、どんな資格を取れるのか、そして卒業後の就職状況はどうなっているのか。選抜方法、難易度、学費、さらに合格するための予備校秘伝の勉強法も。このほかにも、知名度は低いが就職率の高い大学の紹介など、大学受験の前に知っておくべき最新事情を、河合塾のエキスパートが総力をあげて徹底調査した、まったくあたらしい親子のための進路ガイドです。

目次

第1章 親世代の知らない現実
第2章 こんなに変わった学部・学科
第3章 「難易度」と「いい大学」
第4章 キラリと光る大学
第5章 大学受験に勝つための戦略
第6章 合格する秘伝の勉強法
第7章 大学進学とお金の話

著者等紹介

丹羽健夫[ニワタケオ]
1936年愛知県生まれ。名古屋大学経済学部卒。証券会社、商事会社を経て1968年より予備校河合塾に勤務。理事、進学教育本部長、全国の予備校で組織する全国進学情報センターの所長を務め、2001年退任。現在河合文化教育研究所主任研究員、立命館大学経営学部客員教授、名古屋外国語大学理事、客員教授

服部周憲[ハットリシュウケン]
1963年、三重県生まれ。1987年より河合塾勤務。大学入試及び高等教育に係わる様々な情報の収集・分析などを担当。マスコミや進学情報誌、大学入試研究会などを通して大学情報や進学情報の提供に従事する。河合塾教育情報部長、全国進学情報センター事務局長
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

太田青磁

11
近畿大学はなんと全国の23箇所で地方試験会場を設けている・センター試験を受験した生徒は、試験場に出かけなくても、受験料を払って出願すれば、大学側が自動的に大学入試センターに成績の問い合わせをして合否を決定します・全国に設置された学部の種類は約330、この30年間で5倍近く増えた・看護系や医療技術系の新設ラッシュは続いている・薬剤師の国家試験の受験資格が原則6年制の薬学部卒業者に限定・法科大学院の開設によって、法学系の学部教育は転換を迫られています・臨床心理士資格試験を受験するには、最低でも6年の勉強が必要2014/04/16

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/1192230

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。