ヤンボコ―母校北星余市を去るまで

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 181p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163669106
  • NDC分類 916

内容説明

母校北星余市高校から横浜市教育委員へ―。イジメ、薬物、飲酒、援助交際…。場所はかわっても、ヤンキー義家は教育の現場で闘い続ける。

目次

1 ヤンキー母校を去る
2 北の小さな私立高校
3 夢は逃げていかない
4 教師論
5 指導部な毎日
6 ほんとうの信頼関係
7 終わらない闘い

著者紹介

義家弘介[ヨシイエヒロユキ]
1971年3月31日、長野県長野市生まれ。中学生の頃より「不良」と呼ばれるようになり、1987年、進学した高校から退学処分を受ける。同時に家からも絶縁され、児童相談所を経由し里親の元へ引き取られる。北星学園余市高等学校の全国からの中退者本格受け入れの初年度となる1988年、傷心の思いを引きずりながら同校の門を叩き編入。1990年、明治学院大学法学部法律学科入学。卒業後は大手進学塾に就職。1999年、母校、北星学園余市高等学校に社会科教師として赴任し、2003年春、初めての卒業生を送り出した。2003年4月から生活指導部に所属。2004年度は生活指導部長を務めた。2005年春、同校を退職、横浜市教育委員に就任した

出版社内容情報

今年も北星余市高校には問題が続出。薬物、暴力、イジメ・・・。でも寄り添い続けることでしか生徒の心は開かない。奮闘記第二弾!