王国記

王国記

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 259p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784163188904
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0093

出版社内容情報

殺人の時効まで修道院に身を隠すつもりの朧だが、修道女が自分の子供を宿したことを知らされる。芥川賞『ゲルマニウムの夜』続編

内容説明

朧、君は神になるつもりなのか―。殺人を犯し、育った修道院に身を隠す青年・朧。やがては新興宗教の教祖となり、自らの王国を目指す男の萌芽期を描く「ブエナ・ビスタ」「刈生の春」二篇を収録。花村万月が紡ぎ出す「神と人間」をめぐる壮大な叙事詩、畢生の大長篇いよいよ刊行開始。芥川賞受賞作『ゲルマニウムの夜』続編。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

愛奈 穂佳(あいだ ほのか)

7
【『読書メーター』を知るまでに読んだ本の記録】 通算:#14042002/10/31

ぴよ

2
萬月先生の容赦の無さに、くじけそう。人間という生き物は、自分達で作った神という存在を時に否定し、時に捌け口にし、糾弾し、その一方で縋り。みんなの気まぐれに振り回されて神様もさぞ戸惑っておられる事と思います。内容はまあ、相変わらず暴力とセックスと宗教と、あと農作業。そして爽やかさの欠片もない春が来た。2010/08/18

かつりん

1
なんというか、凄まじい世界…。 続編を読むか悩むなぁ。2018/06/20

detoo

1
『刈生の春』よく考えたら、ほとんど酪農と養鶏の話なんだけど、すごく良かったです。過酷な労働に対する虚無感。その背後には殺伐とした檻と、宗教を盾にした憎んでも意味のない権力者がいる。結局、神と宗教は別物なのでは?権力者が都合のいいように人を縛るために、表面だけきれいに勝手に考えたんじゃないの?だから奇跡なんて起きないんじゃん。朧達は諦めているけど絶望はしていない。このシリーズ読んで初めて、朧の幸せを祈りました。2017/06/25

愛奈 穂佳(あいだ ほのか)

1
【『読書メーター』を知るまでに読んだ本の記録】 通算:#12502001/01/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/551814

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。