八重山日和り - 北木山夜話 (増補改訂版)

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 46判/ページ数 324p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784160088955
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

出版社内容情報

故郷石垣島の味。ささやかだが忘れがたい出来事。おおらかな島人の言行。過ぎし日々、逝きし人を愛惜こめて綴る南島グラフティーおかしな出来事。懐かしい味。気のきいた小咄。ほろりとする実話・・・・。

大昔から、南島では愉快でおかしな話、気のきいた話が折りにふれて、祖父母、両親、友だちから子や孫、隣近所に口伝えらされてきた。

一例をあげましょう。

〈ある事で失敗して孤立無援の状態にある先輩を激励に訪ねたら、本に囲まれた小さな書斎で読書をしていた。

「すごい本ですネ」と僕が言うと、

「四面書架ッ」

これなら大丈夫だと思った〉

などなど、ときにジーンとさせられ、どこから読んでも、面白い!

卓越したエスプリ、巧まざるユーモア、脈打つ自由の精神。

八重山に行きたくなること、請けあいます。お尻が思わず浮く名随筆です。

宮城 信博[ミヤギ ノブヒロ]