新☆ハヤカワ・SF・シリーズ<br> 流浪蒼穹

個数:
電子版価格 ¥3,190
  • 電書あり

新☆ハヤカワ・SF・シリーズ
流浪蒼穹

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2022年05月29日 20時25分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ B40判/ページ数 669p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784153350564
  • NDC分類 923.7
  • Cコード C0297

出版社内容情報

地球とコロニーである火星のあいだで戦争が起き、終結した。友好のため、火星の少年少女は使節として地球に送られるが、かれらは地球と火星のどちらにもアイデンティティを見いだせず……。「折りたたみ北京」でヒューゴー賞を受賞した著者の美しきSFドラマ

内容説明

22世紀、地球とその開発基地があった火星のあいだで独立戦争が起き、そして火星の独立で終結した。火星暦35年、友好のために、火星の少年少女たちが使節「水星団」として地球に送られる。彼らは地球での5年にわたる華やかで享楽的な日々を経て、厳粛でひそやかな火星へと帰還するが、どちらの星にも馴染めず、アイデンティティを見いだせずにいた。なかでも火星の総督ハンスを祖父に持つ“火星のプリンセス”ロレインは、その出自ゆえに苦悩していた…。ケン・リュウ激賞、短篇「折りたたみ北京」で2016年ヒューゴー賞を受賞した著者が贈る、繊細な感情が美しい筆致で描かれる火星SF長篇。

著者等紹介

〓景芳[ハオジンファン]
1984年中華人民共和国天津市生まれ。清華大学物理学部で天体物理学を専攻し、経済学の博士号を取得。2014年に発表した短篇「折りたたみ北京」がケン・リュウによって英訳され、2016年にヒューゴー賞ノヴェレット部門を受賞した(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 1件/全1件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

かもめ通信

20
これはよかった!すごくよかった!!青春小説として読むことや、宇宙開発を絡めたSFとして読むことはもちろん、現代社会に置き換えて、中国と欧米諸国、あるいはロシアと……となどと、想像を巡らしながら社会派小説として読むことも可能だが、どう読んでもこれは傑作。読了まで思いの外時間がかかったが、じっくり読んだ甲斐があった。郝景芳、この先も目がはなせない作家だ。2022/05/16

もち

17
「こんなふうにしたくはなかった」◆火星と地球の戦争から、40年が経った。地球への留学から帰還した火星生まれのロレインは、どちらの思想にも馴染めずにいた。きな臭くなる対地球政策。山か川かの大規模投票。思惑渦巻く火星で、少女が辿り着く居場所は。■火星の高度なガラス都市での群像劇。舞台は実にSFらしいが、思想・社会・住居・抑圧・革命といった普遍的なトピックが容赦なく掘り下げられる。切れ味鋭い含蓄も、得られる感動も、限りなく純文学のそれに近い。2022/03/29

ハルト

10
読了:◎ 22世紀の地球と火星。独立戦争ののち、火星歴35年に火星の使節団「水星団(マーキュリー)」が、地球へと派遣される。火星とはまるで違う文化生活を持つ地球に惹かれながらも、5年後、彼らは火星へ戻る。▼まず、登場人物たちが魅力的だった。主人公でダンサーである少女ロレインの、地球と火星との間での立場に苦悩するのが、青春的でよかった。レイニー先生の穏やかな包容力もよかったし、火星の総督ハンスの心の底に沈めてい想いもやるせなかった。▼文章も静謐さ漂うもので、その静けさには胸を捕まれた。タイトルがまた迫る。2022/05/17

本の蟲

10
ヒューゴー賞受賞「折りたたみ北京」作者のSF社会群像劇。600ページ超2段組みのボリュームで、内容も大変読み応えがあった。戦争で独立を勝ち取ったのち、長らく地球と断絶状態にあった火星に、友好のため送られた交換留学生が帰還する。しかし地球で多感な10代の5年間を過ごした彼らは、故郷に馴染めずにいた。利益を求める経済競争か、予算を奪い合う官僚制度か。移動・職業の自由か、管理された職住の保障か。現在の熱狂か、未来への哲学か。二つの価値観に引き裂かれ、周囲に理解されない息苦しさを覚える彼らは行動を起こすが…(続2022/04/30

イツキ

5
社会主義的な社会構造の火星から経済主義的な社会構造の地球に13歳からの5年間留学した少年達を中心に描かれる変革の最中にある火星の群像劇。思春期の5年間を異なる文化の社会で過ごしたために精神的なふるさとを失ってしまった少年達の社会への変革を求める行動から始まる野心や迷いなど様々な人々の思惑や政治駆け引きも特徴的ですがそれ以上に各人物たちの内面のリアルな内面の描写が胸に迫ります。社会と自分を割り切り常に傍観者たろうとするレイニー、冷静沈着でありながら人知れず苦悩するハンスがとても印象的でした。2022/05/13

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/19297550

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。