ハヤカワ・ミステリワールド<br> ファイナル・オペラ

個数:
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ・ミステリワールド
ファイナル・オペラ

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2016年12月05日 13時34分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 403p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152092793
  • NDC分類 913.6

内容説明

昭和二十年東京。八王子の神社の神主を務める明比家に伝わる秘能。それは、衆人環視の状況下で如何にして母親が子殺しの人買いに復讐したかを観客が推理する、世界最古の探偵小説というべきものだった。内容に呼応するように、上演中、演者が何者かに殺される。身近な悲劇と終戦目前の歴史的悲劇に人はどう立ち向かうのか。若き日の“検閲図書館”黙忌一郎が導く驚愕の真相。3・11を越えて著者が贈る破壊と再生を紡ぐ本格伝奇ミステリ。

著者紹介

山田正紀[ヤマダマサキ]
1950年生まれ。1974年、同人誌『宇宙塵』に発表した中篇「神狩り」が“SFマガジン”に掲載され作家デビュー。同作で第6回星雲賞日本短編部門を受賞。1978年『地球・精神分析記録』で第9回星雲賞日本長編部門を、1980年『宝石泥棒』で第11回星雲賞日本長編部門を、1982年『最後の敵』で第3回日本SF大賞を、1995年『機神兵団』で第26回星雲賞日本長編部門を受賞し、SF界を代表する作家の一人として地位を固める。また2002年『ミステリ・オペラ』で第2回本格ミステリ大賞と第55回日本推理作家協会賞を受賞し、ミステリ作家としても高い評価を受ける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

出版社内容情報

終戦前夜。秘能『長柄橋』の上演を巡り、交錯する過去と現在。世界でもっとも美しい死体の悪夢に▼検閲図書館▲黙忌一郎が挑む。