• ポイントキャンペーン

ハヤカワSFシリーズ
スペースプローブ

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 282p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784152088383
  • NDC分類 913.6

内容説明

西暦2030年、地球に接近する長周期彗星“迩基”へと向かった無人探査機“こめっと”が、「ライト・ビーング―」という謎のメッセージとともに消息を絶った。一方、曽我部臣太、石上香蓮ら日本総合開発機構・宇宙探査局の6名のクルーたちは、翌年の有人月着陸計画に向けて訓練の日々を送っていた。そんなある日、臣太らは、“迩基”の予想進路上にニュートリノ信号を発する謎の物体が存在することを知る。資金難により最初で最後と噂される月計画を捨て、“裏ミッション”の敢行を決意した彼らは、夜な夜なカラオケボックス“イリアス”に集い、無謀ともいえる実行計画を練るのだったが…小松左京賞受賞作家が描く異色のファーストコンタクトSF。

著者紹介

機本伸司[キモトシンジ]
1956年兵庫県生まれ。甲南大学理学部卒。出版社、映像制作会社、フリーランスのPR映画ディレクターを経て、2002年『神様のパズル』で第3回小松左京賞を受賞して作家デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)