私のハードボイルド―固茹で玉子の戦後史

個数:
  • ポイントキャンペーン

私のハードボイルド―固茹で玉子の戦後史

  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2016年12月09日 11時11分現在)

    【出荷予定日】(お取り寄せを除く)
    ■午前0時~午前10時30分までのご注文は「当日出荷」
    ■午前10時31分~午後(夜)11時59分までのご注文は「翌日出荷」
    ■医学系書籍のご注文は「翌日~3日後に出荷」

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。

    ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●この商品は国内送料無料です。
  • サイズ B6判/ページ数 519p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152087768
  • NDC分類 902.3

内容説明

ここに「ハードボイルド」にこだわりつづける一人の男がいる。小鷹信光。自他共に認める、日本ハードボイルド界の第一人者である。そんな彼が、改めて自分にとっての「ハードボイルド」とは何かを問い直したのが本書である。ハードボイルドの語源から、日本における意味の変遷、翻訳出版をめぐる人間模様にいたるまで、膨大な資料とユニークなエピソードを交えて語る、集大成ともいうべきエッセイ評論。巻末に「ハードボイルド」という言葉の発生と推移を考察した「研究篇」、ハードボイルド派の作家とその代表作、関連書目などを網羅した「資料」を付記。

目次

第1章 アメリカと私
第2章 ハードボイルド戦後輸入史検証(一九四五年~一九四九年)
第3章 チャンドラーと出会った高校時代(一九五〇年~一九五五年)
第4章 波乱万丈の青春時代(一九五五年~一九六〇年)
第5章 激動の時代(一九六〇年代)
第6章 新生の船出(一九七〇年代)
第7章 収穫のとき(一九八〇年代)
第8章 ファイナル・ラウンド(一九九〇年代以降)
研究篇
資料

著者紹介

小鷹信光[コダカノブミツ]
本名、中島信也。1936年岐阜県生まれ。早稲田大学英文科卒。日本推理作家協会、日本冒険作家クラブ、〈マルタの鷹協会〉会員。大学在学中からハードボイルド小説の研究、翻訳を始め、訳書は100冊を超える。ミステリ評論、エッセイも多数。小説家としても『探偵物語』シリーズ、『刑事コロンボ 殺人依頼』などの著書がある。また、松田優作主演の連続テレビ・ドラマ『探偵物語』の原案・原作を手がけたことでも知られている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)