なぜこの店で買ってしまうのか―ショッピングの科学

なぜこの店で買ってしまうのか―ショッピングの科学

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ B6判/ページ数 348p/高さ 20cm
  • 商品コード 9784152083357
  • NDC分類 673.7
  • Cコード C0063

こちらの商品には新版があります。

内容説明

ちょっとした工夫で、売上げ効果絶大。「つい、買ってしまう」「絶対、買わせる」のしくみ、大解剖!徹底したフィールドワークで、「商品化計画から商品の陳列・販売促進にいたる小売りの店づくり」と「見落しがちな顧客の行動と思考パターンへの対応」、「変化する顧客のニーズへの対処」を明かす。スターバックス、シティバンク、GAPなど、数々のクライアントを小売業界の第一線へと導いてきた究極のノウハウ“ショッピングの科学”を大公開。

目次

第1部 ショッピングの科学の誕生(こうして科学が生まれた;小売業者が知らないこと)
第2部 ショッピングのメカニズム(入口と移行ゾーン―ショッピングの始まり;手の問題の重要性 ほか)
第3部 ショッピングの統計的研究(男性と女性のショッピングの相違点;女性が小売店に求めるもの ほか)
第4部 ショッピングの力学(意志決定をつかさどる感覚的な要素;三つの要素 ほか)

著者等紹介

アンダーヒル,パコ[Underhill,Paco]
エンヴァイロセル社の創業者およびCEO。ニューヨークを拠点に世界中の小売店や銀行を調査し、年間5万人~7万人の顧客の行動を追跡している。これまでに手がけたクライアントは、マクドナルド、スターバックス、ブルーミングデールなど多数。そのノウハウは『ニューヨーカー』や『スミソニアン・マガジン』など多くのメディアに注目されている。また『アメリカン・デモグラフィックス』『アドウィーク』に寄稿し、各地で積極的な講演活動を行なっている

鈴木主税[スズキチカラ]
翻訳グループ牧人舎代表。1934年東京生まれ。出版社勤務の後、フリーランスの編集者をへて翻訳家となる。マンチェスター『栄光と夢』で翻訳出版文化賞を受賞。訳書に『博士と狂人』ウィンチェスター、『「大崩壊」の時代』フクヤマ(以上ハヤカワ書房刊)、『文明の衝突』ハンチントン、など多数。また著書に『私の翻訳談義』がある
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。