HAPPYおばさんのしあわせな暮らし方

個数:
電子版価格 ¥1,540
  • 電書あり

HAPPYおばさんのしあわせな暮らし方

  • ウェブストアに2冊在庫がございます。(2024年03月04日 20時27分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆画像の表紙や帯等は実物とは異なる場合があります。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
    ◆別冊解答などの付属品はお付けできない場合がございます。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 46判/ページ数 185p/高さ 19cm
  • 商品コード 9784877232450
  • NDC分類 914.6
  • Cコード C0095

内容説明

工夫すれば、しあわせ!あなたの暮らしがもっとたのしくなる42のこと。

目次

はじめに HAPPYおばさんからの言葉(こんにちは!ありがとう!はじめまして;この本はHAPPYおばさんの本です!)
1 暮らし方(暮らし方を工夫する!;召使のように暮らす! ほか)
2 おしゃれ(HAPPYおばさんはおしゃれ?;「風流」っておしゃれですね ほか)
3 しあわせ(HAPPYおばさんのおススメの名作;「アイム・ベリー・ハッピー!」 ほか)

著者等紹介

田村セツコ[タムラセツコ]
イラストレーター・エッセイスト。1938年、東京生まれ。高校卒業後、銀行OLをへて人気童画家の松本かつぢの紹介でイラストの道へ。1960年代に『りぼん』『なかよし』『マーガレット』『少女クラブ』の表紙や“おしゃれページ”で活躍。1970年代には全国十数社と契約を結び文具、便箋や小物など“セツコ・グッズ”で一世を風靡する(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ごへいもち

27
メンソレータムのイラストのモデルはシャーリーテンプル。ジーンウェブスターの父は出版人、母はマークトウェインの姪。などへぇーという話もあったけれどこれまでの著書を超えるものではなかった。2019/12/17

菫子

18
40年以上連載が続くサンリオの「いちご新聞」を抜粋編集したものなので、かわいいイラストがいっぱいです。眺めているだけでハッピーになれるし、文章を読むと幸せな思考になれるので奥が深い素敵な本です。満員電車がつらいなぁと思っていたときに「電車はガラスで出来たお部屋」という文章に癒やされました。大好きです。2019/12/02

Mayu

16
なんとなーく見覚えのあるイラスト…と思ったら、サンリオのいちご新聞に掲載されたものだったんですね。懐かしい…^_^可愛くてカラフル、眺めてるだけでも元気がでるし、前向きなメッセージにも励まされました。私も誰かのハッピーおばさんになりたい!上手いとか下手とか関係なく、絵を描いてみたくなるし、友達にお手紙書いてみようかなぁと思ったり。散歩に行くことを、風を食べに行く、って言うのが素敵。途中放棄していたココ・シャネルの映画が見たくなり、ジョルジュ・サンドの愛の妖精も読んでみたくなりました。最終的には原語で^^;2021/04/25

つっち

5
田村さんもう80歳超えていらっしゃるのに新しい本がどんどん出て、その可愛らしさが半端ない。昭和代表的な少女イラスト、亜土ちゃんとセツコさん。40年前が懐かしいです。イチゴ新聞今でもかいていらっしゃるんですね。40年のうち、といっても2000年以降の後半のものを編集されたもののようですが、かわいさピカイチ。 "あら探しは老ける、宝さがしは若返る" ってドキッとさせられました。 名言なり2019/11/30

ひめぴょん

3
いちご新聞という少女向け新聞の連載記事をもとにできた本。楽しそうなイラストもHAPPYな気分にしてくれます。本屋で見つけて図書館予約してみました。毎日の暮らしの中でしあわせを感じるのは工夫をするときという点やHAPPYおばさんは、器用ではないけれど手作りが大好きというのは似通ったところがあるなあと思いました。好きなこととして、声のプレゼント、物を大切にする、お金がかからない暮らし、歩くこと、お手紙などが挙げられていましたが、私の好みとの一致率が高いなあと感じました。人からどう思われるかは気にしない。自分が2020/03/15

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/14301135
  • ご注意事項

    ご注意
    リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
    この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
    最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
    リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。