ハヤカワ・ミステリ文庫<br> ブート・バザールの少年探偵

個数:
電子版価格 ¥1,408
  • 電書あり

ハヤカワ・ミステリ文庫
ブート・バザールの少年探偵

  • ウェブストアに253冊在庫がございます。(2021年05月08日 12時52分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 544p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784151845512
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

出版社内容情報

インドのスラムに住む9歳のジャイ。地域の子供たちが次々に失踪する事件を解決しようと、夜のバザールや危険な駅に潜り込む……

内容説明

インドのスラムに住む、刑事ドラマ好きの九歳の少年ジャイ。ある日クラスメイトが行方不明になるが、学校の先生は深刻にとらえず警察は賄賂無しには捜査に乗り出さない。そこでジャイは友だちと共に探偵団を結成しバザールや地下鉄の駅を捜索することに。けれど、その後も続く失踪事件の裏で想像を遥かに超える現実が待っていることを、彼はまだ知らなかった。少年探偵の無垢な眼差しに映る、インド社会の闇を描いた傑作。

著者等紹介

アーナパーラ,ディーパ[アーナパーラ,ディーパ] [Anappara,Deepa]
インド・ケーララ州生まれの作家。ムンバイ、デリーを拠点に十数年間ジャーナスリトとして活動。貧困や宗教問題が子どもの教育に及ぼす影響を取材した記事が数々のジャーナリズムの賞を受賞した。デビュー作となる『ブート・バザールの少年探偵』(2020年)は、ムンバイ最大の国際文学フェスティバルにて新人賞を受賞し、インドの文学賞JCB賞、イギリスの女性小説賞にもノミネートされた。さらに、2021年のエドガー賞(アメリカ探偵作家クラブ賞)の最優秀長篇賞の候補となり、22の言語への翻訳が決定している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。