ハヤカワ・ミステリ文庫<br> 雨のやまない夜

ハヤカワ・ミステリ文庫
雨のやまない夜

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 585p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150793029
  • NDC分類 933
  • Cコード C0197

内容説明

なにもかも思い過ごしであってくれ―タクシー運転手のクーパーは、恋人ダイアナの帰りを不安な面持ちで待っていた。数日前、昔の知り合いと称する男が現われてからというもの、彼女の態度がどこかよそよそしい。二人の間にはいったいなにが。ダイアナの過去を探りはじめたクーパーは、やがてポルノ業界の大立者をめぐる恐喝事件の渦中へと…悲しみにみちた男の後ろ姿を描き出した、『長く冷たい秋』につづく第二作。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

goro@80.7

41
彼女が元カレとの間で陥った危機だけで600頁近くも物語が出来上がるのかと思いきや、物語後半は段々とハードな展開になりました。サム・リーヴスはお上手!でも老兵スタンプスが可哀想だわ。いい味出してたのにシリーズものなら最後まで相棒でいさせたかった。積読中の次の作品も楽しみです。2019/01/03

satooko

1
タクシードライバー・クーパーシリーズ2作目。今作は恋人の元カレが登場し、事件に巻き込まれる。相変わらず女々しく、でもハードボイルドで、本のなかにいれば「最高の男」だ。前作同様表紙カバーが○(読書メーターで画像がないのが残念)。2012/11/30

hieishi

1
脇役や会話は処女作同様魅力的であり、プロットも御都合主義なところはあるがよく練られている。さらに説教臭さが減ったので、全体としてみるとかなり上質な小説だった。今回はクーパーが大ケガをせずに済んで良かった。シリーズ続作も読みたい。2010/02/17

frog

1
再読2010/01/09

戸田健太朗

1
前作とちがい主観がころころかわって忙しく当たり前のエンタメ小説になっている感じではあるがそれでもよくできてんな。2010/01/18

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/184833

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。