ハヤカワ文庫NF ハヤカワ・ノンフィクション文庫<br> 予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

個数:
電子版価格 ¥770
  • 電書あり

ハヤカワ文庫NF ハヤカワ・ノンフィクション文庫
予想どおりに不合理―行動経済学が明かす「あなたがそれを選ぶわけ」

  • ウェブストアに683冊在庫がございます。(2021年12月01日 15時55分現在)
    通常、ご注文翌日~2日後に出荷されます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)もご利用いただけます。
    ご注文ステップ「お届け先情報設定」にてお受け取り店をご指定ください。尚、受取店舗限定の特典はお付けできません。詳細はこちら
  • サイズ 文庫判/ページ数 486p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150503918
  • NDC分類 331
  • Cコード C0133

出版社内容情報

ゆかいな実験が満載の行動経済学ベストセラーが、文庫に! 推薦/大竹文雄大阪大学教授

内容説明

「現金は盗まないが鉛筆なら平気で失敬する」「頼まれごとならがんばるが安い報酬ではやる気が失せる」「同じプラセボ薬でも高額なほうが効く」―。人間は、どこまでも滑稽で「不合理」。でも、そんな人間の行動を「予想」することができれば、長続きしなかったダイエットに成功するかもしれないし、次なる大ヒット商品を生み出せるかもしれない!行動経済学ブームに火をつけたベストセラーの文庫版。

目次

相対性の真相
需要と供給の誤謬
ゼロコストのコスト
社会規範のコスト
無料のクッキーの力
性的興奮の影響
先延ばしの問題と自制心
高価な所有意識
扉をあけておく
予測の効果
価格の力
不信の輪
わたしたちの品性について その1
わたしたちの品性について その2
ビールと無料のランチ

著者等紹介

アリエリー,ダン[アリエリー,ダン] [Ariely,Dan]
行動経済学研究の第一人者。デューク大学教授。ノースカロライナ大学チャペルヒル校で認知心理学の修士号と博士号、デューク大学で経営学の博士号を取得。その後、マサチューセッツ工科大学(MIT)のスローン経営大学院とメディアラボの教授職を兼務した。また、ユニークな実験研究によりイグ・ノーベル賞を受賞している

熊谷淳子[クマガイジュンコ]
翻訳家。大阪教育大学卒、コロラド大学修士課程修了(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 2件/全2件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

はっせー

151
私達は合理的に見えてまったく不合理的な行動をする。それを実験して証明したのがこの本!こんなにも勉強になるとは思わなかった!私達は色んな状態において予想通りに不合理な行動をとる。例えば無料の魔力である。無料という言葉に私達は弱い。無料でオイル交換ができる。無料でブックカバーがもらえる。などなど。そんな言葉につられて、2冊買う予定ではなかったのに2冊買ってブックカバーを貰う。それ以外にも、ボランティアにお金を渡すとやる気がでなくなる。無料でもらえるものは、1人でいっぱい貰わない。色んな不合理があると思った!2021/09/16

まえぞう

87
従来の経済学では人々はすべて合理的に行動すると仮定されているが、実際はそうではないこと、ただしそこには一定の法則があることが、様々な実験を通じて紹介されています。書かれていることはよくわかりますが、これが経済学のなかでどう活かされるのかについてはあまりふれられていません。2018/01/28

aponchan

79
人間の行動が不合理である場合が多いことを具体的な事例、実験結果から非常に分かりやすく解説した良書と思います。確かにそうだなぁと感じる具体例が多く、自分も行動する前に冷静に考え、不合理な選択を行わないよう心掛け次第で、後々の後悔も減らすことができる気がします。2018/06/24

たかしくん

63
前々から読もうと思っていながら、そのままにしてた1冊。これが行動経済学なのか、と納得!「影響力の武器」や「フリー」等と、どこかオーバーラップします。数字や理屈が先行する古典的な経済学に対し、人間の行動心理によって従来の理屈では説明不可能、乍ら、「確かに!」と唸らせる話があちこちと。特に「無料」の威力は並大抵なものではないですね。そして「社会規範が優勢な世界と市場規範が規則をつくる世界」も然り。本書の通り、人格や品性にまで大きな影響を与えてます。若干冗長になる部分もありましたが、総じて興味深く読めました。2018/03/04

十川×三(とがわばつぞう)

46
面白い。好評価は納得。実験を通して人の行動を研究。知っておきたい行動心理学。▼社会規範と市場規範のマインドが興味深い。▼エピソードに、トヨタ、マツダ、ホンダが登場。著者は日本車びいき。なんか嬉しい。▼「ヒンドゥー教の托鉢僧」と記述があるが、仏教の間違い?▼本著をきっかけに「†」短剣符は「ダガー」で変換できると知った。2021/05/31

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/7174734

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。