ハヤカワ文庫JA<br> 僕が愛したすべての君へ

個数:
電子版価格 ¥616
  • 電書あり

ハヤカワ文庫JA
僕が愛したすべての君へ

  • 出版社からのお取り寄せとなります。
    入荷までにおよそ1~3週間程度かかります。
    ※商品によっては、品切れ等で入手できない場合がございます。
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷までの期間】
    ■通常、およそ1~3週間程度

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆上記期間よりも日数がかかる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆品切れ・絶版等により入手できない場合がございます。
    ◆品切れ・絶版等の確認に2週間以上かかる場合がございます。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • 店舗受取サービスはご利用いただけません。

    【ご案内】
    新型コロナウィルス感染拡大の影響により、出版社からのお取り寄せ品におきまして、在庫状況や納期の確認ができなかったり、入荷までに普段よりも日数がかかる場合がございます。恐れ入りますが、あらかじめご了解くださいますようお願い致します。


  • サイズ 文庫判/ページ数 253p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150312336
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

出版社内容情報

人々が少しだけ違う並行世界間で日常的に揺れ動いていることが実証された世界――
両親の離婚を経て母親と暮らす高崎暦(たかさき・こよみ)は、地元の進学校に入学した。
勉強一色の雰囲気と元からの不器用さで友人をつくれない暦だが、突然クラスメイトの瀧川和音(たきがわ・かずね)に声をかけられる。
彼女は85番目の世界から移動してきており、そこでの暦と和音は恋人同士だというのだが……
並行世界の自分は自分なのか? 『君を愛したひとりの僕へ』と同時刊行

内容説明

人々が少しだけ違う並行世界間で日常的に揺れ動いていることが実証された時代―両親の離婚を経て母親と暮らす高崎暦は、地元の進学校に入学した。勉強一色の雰囲気と元からの不器用さで友人をつくれない暦だが、突然クラスメイトの瀧川和音に声をかけられる。彼女は85番目の世界から移動してきており、そこでの暦と和音は恋人同士だというのだが…並行世界の自分は自分なのか?

著者等紹介

乙野四方字[オトノヨモジ]
1981年大分県生まれ。2012年、第18回電撃小説大賞選考委員奨励賞を受賞した『ミニッツ―一分間の絶対時間』でデビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 4件/全4件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ハッシー

214
【2冊同時並行読み】▶幸福な「僕」と不幸な「僕」が生きた並行世界の物語。幸福な僕は不幸な君の分まで幸せになる。どんなに幸福であっても不幸になることを忘れてはならない。一人の女性を守るため、僕の一生を捧げる。これは始まり、あるいは終わりの物語。2016/10/05

寂しがり屋の狼さん

128
今いる「0世界」を起点として物事を選択する度に分岐し1つの可能性として同じ時を刻む「平行世界」…物語前半は馴染めなかったが中盤から引き込まれました(*^^*)どの世界の彼女もまとめて1人の彼女として愛するって素敵:*(〃∇〃人)*:2020/07/04

dr2006

86
この世界は無数の並行世界が実在していて、人の意識は無自覚に並行世界の自分と入れ替わっている。近くの並行世界への移動は、ここに仕舞ってあったはずの物がない、探したはずの場所から何故か出てきたという様な記憶違いや物忘れといった現象を引き起こしている。並行世界を証明する研究が進む中、幼少期に離れた並行世界への移動を体験していた主人公高崎暦は、隔度85番の並行世界から移動してきた瀧川和音と出会う。和音は85番の歴の恋人だと言い、同級も会話すら無い現世界との違いに驚く。流石ハヤカワJA、理系脳を擽り、引き込まれた!2018/10/28

ユザキ部長

83
世の中のズレ。ズレは交わる事なく平行線をたどる。人々は知らずのうちにズレた世界にパラレルシフトするが、果たしてそこでの僕は僕なのか?君は君でいたのか?まき込まれた0の君と追ってきた13の君。13の僕の可能性を尊重し肯定できるか悩む0の僕。愛を貫き通す事。出来るか。13の世界にあった1%の不幸も含めて。2019/10/18

ゆかーん

67
『並行世界』そこは、もう一つの世界で実在したかもしれないもう一人の僕。そして、この世界で選ばれなかった全ての可能性を秘めた僕が存在する世界。僕には和音という最高のパートナーがいて、愛する彼女との生活は幸せだった。でも時々不安になる…。並行世界に存在する僕は『僕』と言えるのか?そして、違う可能性を秘めたもう一人の僕は、この世界の和音も並行世界の和音も、丸ごと全て愛せるのか?僕が和音に出会わなければ、和音が僕を愛さなかったら…考えれば考えるほど、並行世界の僕がもう一人の僕を飲み込んでしまいそうでで怖くなる…。2016/09/14

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/11053485

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。