ハヤカワ文庫<br> ハーモニー

電子版価格 ¥628
  • 電書あり

ハヤカワ文庫
ハーモニー

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 381p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150310196
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

21世紀後半、「大災禍」と呼ばれる世界的な混乱を経て、人類は大規模な福祉厚生社会を築きあげていた。医療分子の発達で病気がほぼ放逐され、見せかけの優しさや倫理が横溢する“ユートピア”。そんな社会に倦んだ3人の少女は餓死することを選択した―それから13年。死ねなかった少女・霧慧トァンは、世界を襲う大混乱の陰にただひとり死んだはずの少女の影を見る―『虐殺器官』の著者が描く、ユートピアの臨界点。第30回日本SF大賞受賞、「ベストSF2009」第1位、第40回星雲賞日本長編部門受賞作。

著者等紹介

伊藤計劃[イトウケイカク]
1974年東京都生まれ。武蔵野美術大学卒。2007年、『虐殺器官』で作家デビュー。同書は「ベストSF2007」「ゼロ年代ベストSF」第1位に輝いた。2008年、オリジナル長篇第2作となる『ハーモニー』を刊行。第30回日本SF大賞のほか、「ベストSF2009」第1位。第40回星雲賞日本長編部門を受賞した。2009年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

この商品が入っている本棚

1 ~ 3件/全3件

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

ヴェネツィア

798
人間の持つ意志は、進化の偶然から生まれた。それゆえ人間は宿命的に紛争や、薬物などによって自己破壊の道をつき進んでゆく。これに終止符を打とうとしたのがハーモニー計画という共同幻想だった。その幻想に激しく反発し、同時に回帰していった孤独なテロリスト、御冷ミァハ。これに対峙したのは、これも孤高の監察官、霧慧トァンだった。エンディングのクロウカシスの光景は、限りない透明感を湛え、崇高なまでに美しい。それはミァハへの、そして「わたし」への、そして同時に一瞬の光芒を残して消えていった伊藤計劃自身への挽歌だった。2015/12/08

吉野ヶ里

380
生物として(生存を第一に)考えると、意識は取り除かれうる。完全な調和、個の排斥に対して、不快なのは意識という機能に依存しているからだ。人間は自分で考えるべきだ、責任を持つべきだ、というのは古い考えだと脳科学は言うけれど、古い人間の私はそーいうのが好きだ。でも、自分でもやっぱり人間の強度はそんなに強くない気がしている。どんな人間だって、雰囲気の影響は受けるし、大衆に意識を変化させられる。認知的不協和とか。意識はたぶん個体差と環境の相互作用が脳の選択を決定させるところにいるんだと思った。2016/03/03

佐々陽太朗(K.Tsubota)

365
『虐殺器官』と同様、近未来の徹底した管理社会を小説の舞台としている。そしてお約束どおりその近未来管理社会は病んでいる。誰も死なない(死ねない)究極の健康社会という病んだ社会。窒息しそうなほど優しい空気に溢れた社会。本書はその病み方ゆえ、「フィリップ・K・ディック賞・特別賞」受賞という日本人SF作家初の快挙を成し遂げたのは当然のことといえる。SFには「病んでいる」というテイストが必要だ。そういう私自身も病んでいる。かつて「病んでいいない人間にはSFを読む資格がない」と言ったのは誰だったか。2011/08/07

ntahima

280
白より黒、天国より地獄、そして『カラマーゾフの兄弟』より『罪と罰』が強烈な印象を与えるのは否めない。この先、新作が望めない以上、著者は『虐殺器官』の伊藤計劃として人々に記憶されていくであろう。その甘ったるい題名と女子高生3人が登場するプロローグに前作を汚されたような気がして一読暫し積んでいた。そろそろ読まねばと手に取る。前半は非常に面白いSF。後半に入り《意識》の問題に触れた辺りから物語は深みを増す。『カラマーゾフの兄弟』の幻の続編、アリョーシャの編歴と言えばやはり過褒か?久しぶりに煙草を吹かしたくなる。2012/02/04

文庫フリーク@灯れ松明の火

216
『虐殺器官』より読みやすく感じた。少女3人、特にミァハの語りが魅力的だった。意識を持たぬミァハが意識を獲得し、意識を突破して、本物のハーモニーをもたらす。さよなら、わたし。さよなら、たましい。「いま人類は、とても幸福だ。とても。とても。」と結ばれる結末。読了後、これを幸福だと思う方はいるだろうか。積み上げられる圧倒的なロジック。のめり込むほどのSFファンではないが、この作品の凄さは強く感じる。早すぎる著者の逝去を悼む。2011/08/03

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/964244

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。