ハヤカワ文庫
さよならペンギン

  • ただいまウェブストアではご注文を受け付けておりません。
  • サイズ 文庫判/ページ数 313p/高さ 16cm
  • 商品コード 9784150309978
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

塾講師の南部観一郎は、今日も好意を寄せる谷一恵の誘いを断り、ペンダンと共に自分たちの同類を探しに夜の街を彷徨った。ペンギン姿の似合うペンダンは口の減らない奴だが、頼りになる相棒でもある。その日、ふとした隙にペンダンを襲った黒い闇の男こそは、長い間探していた彼らの同類に違いなかった。そう、この世界の観測者南部は、延長体ペンダンと共に1500年以上生きる存在だったのだ―。哀愁の量子ペンギンSF。

著者等紹介

大西科学[オオニシカガク]
1971年生まれ。兵庫県出身、大阪大学理学部卒。3児の父で理学博士。1998年から、立ち上げた雑文サイト「大西科学」で雑文、掌篇小説の公開をはじめる。サイトに発表した掌篇をもとにした長篇『ジョン平とぼくと』にて2006年デビュー(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)
※書籍に掲載されている著者及び編者、訳者、監修者、イラストレーターなどの紹介情報です。

感想・レビュー

※以下の感想・レビューは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」によるものです。

mincharos

32
「さよならペンギン」違いで借りてしまって(ほぼ日ブックスの方を読みたかった)、試しに読んでみる。SFだの量子力学だの、全く興味なくて知識もないから難しかったー!でもファンタジー的にがんばって読む。ペンギンではなくペンダン(延長体)がものすごく可愛い。南部さん(観測者)は飄々としていてかっこいいし。そしてその二人のコミカルな会話と、深い絆みたいなものが素敵だった。でも後半、壮大なるバトルシーンやら、物理的な部分は全くついていけなくて、何度読むのをやめようと思ったことかー!!ペンダンの可愛さでなんとか読了。2019/01/29

そふぃあ

32
多世界解釈SFです。人は死なない。世界はいろんな時点で分岐して、無数の平行世界が存在するけど、その中で、人は自分が生きている世界を選択し続けるから。例えば私が事故に遭ったとき、世界は私が生きている世界と、死んでいる世界に分岐する。でも私の意識は必ず、「私が生きている世界」を選ぶということ。本書では、生を選び続けること=永遠に生きることで、無数の平行世界一つ一つに、永遠に生き続けその世界を「観測」し続ける存在がいる、という話。細かい設定はあやふやですが、読みやすいSFです。何より題名が良い。2016/05/17

miroku

30
観察者として1500年生き続けている男。相棒は延長体ペンダンのペンギン。SF版八百比丘尼。2018/03/09

GaGa

27
量子世界を扱うとスケールの大きな話に否が応でもなってしまうが、この作品は主人公を取り巻く世界観が狭すぎる。ストーリーを掘り下げることなく、ワンアイディアで押し切ってしまった感が漂い、全体的に単調な語り口で、読後物足りない。残念。2010/10/05

hide

20
世界は観測者によって存在し続ける。観測者が存在しない世界は存在しない。故に観測者は不死である。量子力学でここまでさらっと話を展開できるのが素晴らしい。観測者だって選択できる。それもまた、観測者の想像であって、幻影かもしれないけれどね。2019/04/22

外部のウェブサイトに移動します

よろしければ下記URLをクリックしてください。

https://bookmeter.com/books/589744

ご注意
リンク先のウェブサイトは、株式会社ブックウォーカーの提供する「読書メーター」のページで、紀伊國屋書店のウェブサイトではなく、紀伊國屋書店の管理下にはないものです。
この告知で掲載しているウェブサイトのアドレスについては、当ページ作成時点のものです。ウェブサイトのアドレスについては廃止や変更されることがあります。
最新のアドレスについては、お客様ご自身でご確認ください。
リンク先のウェブサイトについては、「株式会社ブックウォーカー」にご確認ください。