ハヤカワ文庫<br> ライト・グッドバイ―ススキノ探偵シリーズ

個数:
電子版価格 ¥616
  • 電書あり
  • ポイントキャンペーン

ハヤカワ文庫
ライト・グッドバイ―ススキノ探偵シリーズ

  • 東 直己【著】
  • 価格 ¥799(本体¥740)
  • 早川書房(2007/10発売)
  • プレミアムフライデーポイント2倍キャンペーン
  • ポイント 14pt
  • ウェブストアに1冊在庫がございます。(2017年11月24日 17時14分現在)
  • 出荷予定日とご注意事項
    ※上記を必ずご確認ください

    【出荷予定日】
    ■ご注文当日 (午前0時~午前10時30分までのご注文)
     または
    ■ご注文翌日 (午前10時31分~午後11時59分までのご注文)

    【ご注意事項】 ※必ずお読みください
    ◆在庫数は刻々と変動しており、ご注文手続き中に減ることもございます。
    ◆在庫数以上の数量をご注文の場合には、超過した分はお取り寄せとなり日数がかかります。入手できないこともございます。
    ◆事情により出荷が遅れる場合がございます。
    ◆お届け日のご指定は承っておりません。
    ◆「帯」はお付けできない場合がございます。
    ◆特に表記のない限り特典はありません。
  • ●店舗受取サービス(送料無料)をご利用いただけます。
    【カートに入れる】を選択後に全国店舗の中からお受け取り店をご指定下さい。詳細はこちら
  • ●1,500円以上のご注文で国内送料が無料となります。
  • サイズ 文庫判/ページ数 365p/高さ 15cm
  • 商品コード 9784150309053
  • NDC分類 913.6
  • Cコード C0193

内容説明

「殺人容疑者と親友になれ」退職した古馴染みの元刑事種谷が、“俺”のところに厄介な依頼を持ち込んできた。未解決の女子高生行方不明事件の証拠となるべき死体を見つけるためだというのだ。“俺”はバーで偶然を装って男に近づき、気の合うふりをして付き合いを深めてゆく。だがそいつは、一緒に酒を飲むのはまっぴら御免という、“俺”が最も嫌いなタイプの男だった…生涯最低の苦い冬を描くススキノ・ハードボイルド。

著者紹介

東直己[アズマナオミ]
1956年札幌生まれ。北海道大学文学部哲学科中退。北の歓楽街ススキノでその日暮らしの一方、家庭教師、土木作業員、ポスター貼り、カラオケ外勤、タウン誌編集者などあまたの職業を経て、92年『探偵はバーにいる』で作家デビュー。2001年に『残光』で第54回日本推理作家協会賞の“長編および短編集部門”賞を受賞した。地元北海道のTVでコメンテーターもつとめる(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)